メニュー
さむらい社労士
2006年社労士合格。
実務経験・法律知識ゼロから通信講座を利用し合格しました。
合格後は多くの人に勉強方法のノウハウを伝授しています。
15年以上の経験をあなたにお伝えします。

【3点を死守】社労士試験の選択式の勉強方法と対策

【3点を死守】社労士試験の選択式の勉強方法と対策

TwitterのDMで寄せられた質問の中で、よく相談を受ける内容についてお答えします!

  • 社労士試験の選択式はどうやって勉強すればいいですか?
  • 選択式の効率的な勉強方法はありますか?

そんなあなたの疑問にお答えします。

私は2006年に社労士試験に合格しました。

実務経験ゼロ・法律知識ゼロの中、通信講座を利用して一発で合格しました。

今では社労士合格を目指す多くの方に、勉強方法のアドバイスをしています。

そんな15年以上の経験から、社労士試験の選択式の勉強方法や対策について書いていきます。

結論からいうと、選択式に完璧な対策はありません。

しかし択一式の延長と考えて勉強すれば、基準点の確保はできます。

そこでこの記事では、

  • 社労士試験での選択式の重要性
  • 選択式の勉強方法と対策
  • 選択式でやってはいけない対策

について書いていきます。

この記事を読めば、もう選択式を恐れる必要はなくなります。

ぜひ最後までお読みください。

目次

社労士試験における選択式の重要性

社労士試験における選択式の重要性

社労士試験の選択式は、1科目あたり5点の配点です。

基準点を上まわるには、すべての科目で3点以上とる必要があります。

つまり1問のミスが合否に大きく影響します。

「勉強方法がわからないから」とあきらめるのは合格を遠ざけるだけです。

次から紹介する方法で、「基準点3点を死守する」気持ちで勉強していきましょう。

選択式で3点を死守するための対策

選択式で3点を死守するための対策

選択式対策は以下の3つです。

【選択式の3つの対策】

  1. 択一式の対策が選択式につながる
  2. 目的条文で難しい言いまわしに慣れる
  3. 選択式を恐れない

①択一式の対策が選択式につながる

択一式の対策が選択式につながる

選択式は見たことがない問題が出題されます。

しかし根底にあるのは法律への理解。

つまり択一式で基本的な内容をしっかり勉強することが、選択式の対策にもなります。

択一式の延長に選択式があることを忘れずに!

具体的には択一式の勉強をするときに、次のことを意識しましょう。

  • 選択肢と解説をしっかり読む
  • テキストを丁寧に読む

択一式の選択肢と解説をしっかり読む

過去問を解くときに、正解・不正解だけで考えてはだめです。

「なぜこの選択肢が誤りなのか?」

「自分でこの問題を解説できるか?」

を意識して解いてください。

そのためには択一式の勉強をしているときに、選択肢と解説をしっかり読むようにしましょう。

「しっかり読む」という作業が選択式にいきてきます。

テキストを丁寧に読む

選択式は前後の文章から空欄をうめることもできます。

しかしテキストの内容を理解していることが前提です。

そこで大切なのがテキストを丁寧に読むこと。

テキストを丁寧に読むことが理解につながり、問題の論点をつかむこともできます。

解説やテキストを丁寧に読むには、テキストにメモをするのが有効です。

下記に具体的な方法をまとめているので、あわせてご覧ください。

【社労士合格者が教える】ライバルに差をつけるテキストと過去問の使い方

②目的条文で難しい言いまわしに慣れる

目的条文を読んで言いまわしに慣れる

法律条文は一般人には理解しづらい書き方をしています。

そして選択式も難しい言いまわしで出題されます。

そこで目的条文を読むことで、難しい言いまわしに慣れておきましょう。

目的条文がそのまま選択式で出題されることもありますよ。

目的条文の勉強方法は下記に詳しく書いていますので、あわせてご覧ください。

【無料プレゼントあり】社労士試験での目的条文の対策・勉強方法

③選択式を恐れないことが究極の対策

すべての受験生が選択式に不安をもっています。

しかし究極の対策は、選択式を恐れないことです。

他の受験生より精神的に優位にいることが大事です。

見たことのない問題が必ず出ると想定する

試験当日に想定外のことが起きたら平常心ではいられません。

選択式も同じです。

見たことがない問題が出たら平常心ではいられません。

そこで、「想定外の問題は必ず出題される」と予想しておきましょう。

「予想している」だけでパニックにならずに済みます。

自分ができない問題は、他の受験生もできない

あなたは今、必死に勉強しています。

あなたが2点しか取れない問題は、他の受験生も2点しか取れません。

そういう問題は基準点が下げられます。

どんな問題が来ても自信を持って取り組みましょう。

専用の問題集は早い段階から使ってはいけない

専用の問題集は早い段階から使ってはいけない

選択式の対策として、選択式に特化した問題集を利用する人が多いです。

これを早い時期から利用するのはやめましょう。

なぜなら、問題集で空欄となっている箇所に意識が行きすぎるからです。

そうなると周りが見えなくなり、違う箇所が空欄になっても解答できなくなります。

利用するなら択一式の勉強が進んでからにしましょう。

まとめ:選択式の対策をして3点を死守しよう

まとめ:選択式の対策をして3点を死守しよう

社労士試験の難関である選択式の対策について書いてきました。

【選択式対策のまとめ】

  • 択一式の対策が選択式につながる
  • 目的条文で難しい言いまわしに慣れる
  • 選択式を恐れない
  • 専用の問題集は早い段階から使用しない

選択式の1問で不合格となった受験生はたくさんいます。

そうならないためにも、基本的な知識を習得して試験にのぞみましょう。

今回は選択式に特化して書きましたが、以下の記事では「社労士合格への勉強スケジュール」を書いています。

具体的な勉強方法についても書いているので、あわせてご覧ください。

【8ヶ月で合格】社労士に通信講座で合格する勉強方法とスケジュール

あなたの勉強の悩みをお聞かせください

15年以上の経験をもとに、TwitterのDMで勉強方法の質問をお受けしています。

質問は無料です。

  • 過去問は何年分を解けばいいのか
  • 模試の成績が伸びない
  • 試験1ヶ月前の勉強方法

など、お気軽に質問してください。

実際にいただいた相談例
(合格者の方から許可を得て掲載)

Twitterはコチラ。
お気軽に質問してください!

目次