目的条文マグカップ発売中!購入はこちら

MS-Japanの評判は?社労士向け?利用者の口コミ評判や特徴を解説!

(PR)記事内にプロモーションを含みます
MS-Japanの評判は?実際の利用者の口コミや特徴を徹底解説!

管理部門・士業におすすめしたい転職サービスNo.1を獲得(※1)したMS-Japanは、管理部門や会計業界、法律領域に高い専門性を持つ転職エージェントです。創業30年以上の実績に基づくノウハウが豊富。キャリアデザインに関わるアドバイスや希望条件にマッチした求人情報が紹介されます。

MS-Japanは、管理部門と士業に特化したキャリアアドバイザーが在籍しています。キャリアビジョンやライフスタイルなど最適なキャリアプランを提案。特化型エージェントとして90%が市場にでていない限定非公開求人のため、他では受けられない紹介もあります。

登録者数が国内トップクラス!

※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2023年5月期ブランドのイメージ調査

タップできる目次

MS-Japanが選ばれる3つの理由

優良求人が豊富にある

は管理部門や士業に特化した優良求人が豊富にあります。上場企業や外資系企業、会計事務所・社労士事務所など幅広いネットワークを活かし、業界トップクラスの求人数です。創業30年で培われた実績とノウハウをもとに、各業種の深い理解と最新の市場動向を把握。最適なキャリアプランを目指せます。

入社後のミスマッチが防げる

を利用して転職すると入社後のミスマッチを防げます。求人情報に内部事情が詳細に記載されているからです。業務内容や給与、勤務地などの基本情報に加え、職場環境や企業の風土、求人の背景などの情報も提供。求人票だけでは分かりにくい内部情報を事前に知れるので、応募企業を見極められます。

業種特化の転職セミナーが受けられる

は、会員限定で業種に特化した転職セミナーや個別相談会を無料で受けられます。「人事・総務人材向け」や「経理・財務人材向け」などで分けられているため、専門性が高い内容が受講可能。土曜日でも利用できるので、仕事の合間に転職活動している人や今後のキャリアに悩んでいる人におすすめです。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanの基本情報

ロゴMS-Japan
運営会社株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
対象部門【管理部門】人事・総務、経理・財務、法務、経営企画・内部監査、広報IR、マーケティング、購買、秘書・オフィスワーク
資格別公認会計士、弁護士、税理士、社会保険労務士、USCPA、司法試験合格、会計士試験合格、税理士科目合格
スペシャリスト会計事務所、監査法人、社会保険労務士事務所、法律・特許事務所、コンサルティング、金融、外資・グローバル企業、役員
主要地域東京都、神奈川県、愛知県、大阪府
お問い合わせ先東京本社:03-3239-7373、横浜本社:045-2587-8080、名古屋支社:052-551-1125、大阪支社:06-6292-5838
公式サイト公式サイト

MS-Japanは、管理部門や士業の資格を活かしてキャリアを築きたい人におすすめの転職エージェントです。90%が市場に出回っていない非公開求人なのも特徴のひとつ。年収アップや専門性を活かしたキャリアを目指せます。

>>MS-Japanの登録はコチラ

MS-Japanサービス利用の流れ

のサービス利用は、以下の流れです。

会員登録

最初に会員登録をします。最初に転職の相談をしたい人も、今すぐ求人情報を見たい人も会員登録が必要。会員登録は、公式サイトから5分でできます。

登録者数が国内トップクラス!

キャリアカウンセリング、相談

キャリアカウンセリング、相談

会員登録が完了したら、キャリアカウンセリングを実施します。日程調整は、メールか電話で行うので、在職中の人でも対応可能です。

キャリアカウンセリングの所要時間は1時間程度。キャリアカウンセリングで今後のキャリアデザインや転職プラン、具体的な求人情報の提供に移行していきます。

求人情報紹介

キャリアカウンセリングで相談した内容をもとに、希望に合った求人情報を紹介します。求人情報は、公開求人のものから限定非公開求人のものまでさまざまです。

の求人情報は、求人の基本情報だけではなく、企業風土や部署の人員構成など細かい部分まで紹介。求人情報だけでは分からない企業の内部情報を知れるので、入社してからのミスマッチを防げます。

選考、面接

気になる求人があり応募の意思があれば、キャリアアドバイザーが応募手続きを進めます。応募の際に企業へ提出する職務経歴書などの書類添削も同時に実施。

書類選考が通過した後は、面接に移ります。面接の日程調整はキャリアアドバイザーが行うため、選考結果などの連絡事項も随時提供。面接を受ける前に不安を相談したり、アドバイスを受けられたりするので、安心して臨めます。

内定、入社

内定を得てからの年収交渉などもキャリアアドバイザーが行います。各種条件が整ったあとも円滑に退職・入社できるようにアドバイスを実施。円満退社する方法や入社への準備も分からないことがあれば、気軽に相談しましょう。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanの口コミ・評判

のリアルな口コミ・評判を徹底的に調査しました。良い口コミが多く、キャリアアドバイザーが丁寧だったとの口コミもありました。MS-Japanを検討している人は参考にしてください。

口コミ・評判の調査方法

クラウドワークスにて、MS-Japanの利用者を対象に独自アンケートをとりました(調査期間は2024年5月17日〜5月24日)。

実際のアンケート結果
4.0
5段階中、平均4.0 (45件のレビューに基づく)
星5つ20%
星4つ58%
星3つ20%
星2つ2%
星1つ0%
スクロールできます
skaters

書類選考や面接指導が具体的な説明だったので助かりました。

人事担当者が質問しそうなことを教えてくれて、対策までも綿密に立ててくれたので助かりました。

面接での態度や書類に書く文章に関しては好感が持てる工夫を教えてくれて良かったです。

xnosama110415

年収アップが見込めるので、管理部門のキャリアを活かして転職活動をしたい方には是非おすすめです。

離職率の低い優良企業を多く取り扱っています。

hdpink

求人はめちゃくちゃ多いというわけではないと感じましたが、自分の希望に合っているものを厳選して紹介してくれるのが良いと感じました。

uchida7260

自分自身としては管理部門の求人を豊富に取り扱っており、転職サポートが充実していること。

またキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれたり、年収アップを目指せる求人が豊富なので満足した転職活動がしやすかったです。

江戸麹

専門特化型なので、他の転職エージェントとは違う魅力がありました。外資系IT企業の管理部門の経験を活かしたいという希望を踏まえ、条件に合う非公開求人を紹介してもらいました。アドバイザーが寄り添ってキャリアプランを考えてくれるので、自分の強みが明確になり自信がつきました。交渉事が苦手なので、年収交渉までサポートしてくれる点もメリットを感じました。

jagptw4dmajdjpzj

求人数も多く取り扱っていたが、なかなか面談日が取れずにそこだけは残念だった。

でもそれ以外はかねがね満足。

asap156192

事務職として働いていましたが、エンジニアに転職希望している時にこちらのを利用しました。

求人数が豊富でサポート体制も整っており、ヒアリングも丁寧で安心して利用できました。

結果的にエンジニアに転職できたので利用して良かったです。

ハオリー

人材業界で事務関係の職種を希望していました。

他社と比べて管理職が多く、かなりのスキルや経験がないと難しいと感じましたし、いわゆる個別相談と呼ばれる面談のようなものがありましたが、そこでも社会経験が長くないと難しいと言われました。

cbr250rrrrrrrrrr

転職サポートがとても充実しています。

また、職務履歴書サンプルを提供してもらえたり、面接のポイントを教えてもらえたりします。

gpajtdmw12gp

なんだか微妙でした。

担当の方のハズレだったのかもしれないですが求人の質などもそこまで良くなかったので正直時間の無駄でした

若年寄

士業関連なら結構働き先があり、仕事先を見つけやすくて本当に助かりました。

いい求人も多くてお勧めです。

destinoryoma

担当の方には熱心なサポートをしていただけましたが、経歴や資格などの条件が厳しい求人ばかりだったので、なかなかスキルに見合ったものがなくハードルの高さを感じました。

nyanko0914

色んな転職サイトからこちらのサイトを見つけて見ると、詳しく絞りは出してくれるのですが、これいいなって思うような仕事がないように感じます。

u5kripzrzk

公認会計士事務所への転職を希望。

ただ、資格を持っていなかったため、働きながら学べる事務所を強く希望したところ、エージェントさんが親身になって対応してくださり、そのおかげで希望する職場へ転職できました。

さすが、士業に強みを持つエージェントさんですね。案件が非常に豊富で本当に良かったです。

Pukutay22

アパレルメーカーの経営企画の分野での転職を希望して利用しました。

担当スタッフは若い方でしたが丁寧で誠実な対応でこちらの話をしっかりと聞いたうえで条件に合った求人を複数紹介してくれ、良いサービスだと感じました。

kamula10299

ハイクラスな求人が充実しているところは良いのですが、やはり都市部に集中してしまっているのが難点だと思います。

他社と比較してもレスポンスの早さもあり、おすすめできます。

stale032

税理士などの士業の資格持ちの人や事務管理部門での職歴が相応にある人にとっては良い転職エージェントだと思います。

管理部門の求人を多数紹介してくれました。

一方、管理部門未経験や士業の資格が無いと仕事をあまり紹介してくれません。

Heat_Wave

営業職からマーケティング職への転職を考え、を利用しました。担当者は親身に相談に乗ってくれたが、案件の提案が少なく、他社と比べると情報量が不足していた。また、面談のスケジュール調整が難しくストレスを感じることもあった。しかし、ユーザーフレンドリーなウェブサイトや親切なサポートスタッフがおり、疑問や相談があるときはすぐに対応してくれる点は良かった。もう少し案件の提案が増えれば、もっと満足できるサービスだと思う。

hirotomaru0806

他社と比較して、のサービス内容は求職者のキャリアニーズに焦点を当てたカスタマイズされた支援が提供されているように感じました。

しかし、担当されたキャリアアドバイザーと合わなかったためか、あまり良いサポートは受けられなかったのが残念でした。

shomoka1125

自分が一番興味のある経理について詳しく知ることができました。

自分の現状を確認しながらどこが合うのかはもちろんのこと、逆にどんなことに注意しなければいけないのアドバイスが的確でした

tomecan

建築業界の経理部門での転職を希望しました、経験が生かせると思ったからです。他社と比べて情報の量・質ともに優れていて、担当者の対応も良く感謝しています。

hm123

銀行業界から税理士への転職を希望しました。登録者と企業先とのマッチングイベントを数多く担当者を介して案内や紹介してくださったので、業界知識の習得は勿論、人事担当者との接点がすぐに持てたので大変感謝しております。

minamo0505

経理の仕事を探す目的で利用しました。

サイトが大変見やすく検索もしやすかったです、ただ求人数には地域差がかなりあると感じました。

私の勤務希望地にあまり求人がなかった為、最終的にはこちらでの転職はしておりません。

azunyon0629

を利用して会計業界の転職を希望しました。

担当者は非常に親身で、細かな要望にも丁寧に対応してくれました。

他社と比べて専門性が高く、情報の質も良かったです。ただし、希望の求人が少ない場合もありました。

starwars0179

事務関連で職探しをしていたので、色々と紹介して頂きありがたかったし、合否の説明がわかりやすかったのでよかった

Yumi554

のエージェントは親身で丁寧でしたが、紹介された求人の数も多くて選択肢がたくさんありました。

面接対策や履歴書のアドバイスはとても助かりましたが、もう少し頻繁な連絡があればさらに安心できたと思います。

ただし、サポート自体は非常に良かったです。

Kenta

面接対策や履歴書のアドバイスが的確で、非常に助かりました。

人事部への転職が成功し、自信を持って新しい職場に臨むことができました。エージェントの対応も迅速で、終始安心して進めることができました。

Naoko

初めての転職活動で不安が多かったですが、エージェントの方が親身に相談に乗ってくれました。

求人の質は高かったものの、もっと頻繁な連絡が欲しかったです。

特に、進捗状況についてのアップデートが少なかったので、その点が改善されれば更に良いと思います。

Shota541

のエージェントはとても親切で、キャリアのアドバイスが的確でした。

人事部への転職を希望していたため、希望通りの条件で内定を得ることができ、大変満足しています。

Mika

紹介された会計事務所が自分のスキルにピッタリでした。

エージェントのサポートも充実しており、初めての転職活動を安心して進めることができました。

Kazuki

エージェントの対応は丁寧で、細かな要望にも応えてくれました。

ただ、紹介された求人の勤務地が希望とは異なる場合が多かったです。

もう少し希望に近い勤務地の求人があれば、さらに良い経験になったと思います。

Haruka

のサポートで無事に転職できました。

エージェントのアドバイスが非常に役立ちましたが、初期の対応がもう少しスムーズなら良かったと思います。

特に、最初の連絡が遅かった点が気になりましたが、その後のサポートは素晴らしかったです。

YujiS0907

は業界に詳しく、信頼できるエージェントです。

人事部への転職に際して求人の質も良く、面接の調整やフィードバックも迅速で大変満足しています。

Eri

紹介された会計事務所の質が高く、希望通りの職場に転職できました。

エージェントの対応も迅速で、終始安心して転職活動を進めることができました。

Ryo205

のキャリアアドバイザーは知識も豊富で連絡も早くて信頼できました。

希望通りの業種に転職でき、選択肢が多かったことに感謝しています。

エージェントのサポートも素晴らしかったです。

Akira

他のエージェントと違って、は話を丁寧に聞いてくれ、私のキャリア目標を理解してくれました。

しかし、求人の更新頻度がもう少し高ければもっと良かったです。

サポート自体は非常に満足しています。

Yuko

紹介された企業の質は高かったですが、希望条件に合う求人が少なく、選択肢が限られていました。

それでも、エージェントの対応は丁寧で信頼できました。

Hiroshi1234

のエージェントは業界のことをよく知っており、適切なアドバイスを提供してくれました。

ただし、求人の提案が少し遅かったのが気になりました。

Asuka

エージェントのサポートで無事に転職できましたが、希望する条件に合致する求人が少なかったです。

それでも、親切で丁寧な対応に感謝しています。

Koji

エージェントの対応は迅速で丁寧でしたが、希望する業種や勤務地の求人が少なく感じました。

もう少し選択肢があれば良かったです。

Mikih545

初めての転職活動で不安でしたが、のエージェントがしっかりサポートしてくれました。

求人の選択肢がもう少し多ければ満点でした。

Takashi

面接対策が非常に役立ちましたが、求人の紹介数が少なかったのが残念でした。

それでも、総合的には満足しています。

Natsuki

エージェントは非常に親切で、私のキャリアプランに合ったアドバイスをくれました。

ただ、求人の数が限られていたのが残念でした。

Yuta1000

のエージェントは非常に頼りになり、希望通りの転職ができました。

対応も迅速で丁寧でしたが、もう少し求人の選択肢があれば更に良かったです。

Sana

のエージェントは親切で丁寧でしたが、紹介された会計事務所の数が少なく感じました。

もう少し多くの選択肢があれば更に良かったと思います。サポート自体は非常に満足しています。

登録者数が国内トップクラス!

良い口コミ・評判

ここからは、特に評判が良かった口コミ・評判を紹介します。

自分自身としては管理部門の求人を豊富に取り扱っており、転職サポートが充実していること。またキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれたり、年収アップを目指すことができるような求人が豊富なので満足した転職活動をすることがしやすかったです。

uchida7260

面接対策や履歴書のアドバイスが的確で、非常に助かりました。人事部への転職が成功し、自信を持って新しい職場に臨むことができました。エージェントの対応も迅速で、終始安心して進めることができました。

Kenta

MS-Japanのエージェントはとても親切で、キャリアのアドバイスが的確でした。人事部への転職を希望していたため、希望通りの条件で内定を得ることができ、大変満足しています。

Shota541

公認会計士事務所への転職を希望。ただ、資格を持っていなかったため、働きながら学べる事務所を強く希望したところ、エージェントさんが親身になって対応してくださり、そのおかげで希望する職場へ転職できました。さすが、士業に強みを持つエージェントさんですね。案件が非常に豊富で本当に良かったです。

u5kripzrzk

MS-Japanは業界に詳しく、信頼できるエージェントです。人事部への転職に際して求人の質も良く、面接の調整やフィードバックも迅速で大変満足しています。

YujiS0907

税理士などの士業の資格持ちの人や事務管理部門での職歴が相応にある人にとっては良い転職エージェントだと思います。管理部門の求人を多数紹介してくれました。一方、管理部門未経験や士業の資格が無いと仕事をあまり紹介してくれません。

stale032

「キャリアアドバイザーのサポートが良かった」という声がとても多くありました。管理部門の求人も多いので、人事部などの希望職種に転職できたようです。

ここまで豊富な求人を紹介できるのは、30年以上の実績に基づくノウハウと信頼があるから。管理部門・士業への転職を考えているなら、に任せれば間違いありません

悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判も合わせて紹介します。

担当の方には熱心なサポートをしていただけましたが、経歴や資格などの条件が厳しい求人ばかりだったので、なかなかスキルに見合ったものがなくハードルの高さを感じました。

destinoryoma

紹介された企業の質は高かったですが、希望条件に合う求人が少なく、選択肢が限られていました。それでも、エージェントの対応は丁寧で信頼できました。

Yuko

経理の仕事を探す目的で利用しました。サイトが大変見やすく検索もしやすかったです、ただ求人数には地域差がかなりあると感じました。私の勤務希望地にあまり求人がなかった為、最終的にはこちらでの転職はしておりません。

minamo0505

エージェントの対応は丁寧で、細かな要望にも応えてくれました。ただ、紹介された求人の勤務地が希望とは異なる場合が多かったです。もう少し希望に近い勤務地の求人があれば、さらに良い経験になったと思います。

Kazuki

管理部門は本社での求人が多く、多くの会社は都市部に集中しています。そのため地方在住の人は利用しづらいかもしれません。

また、企業はどうしても即戦力を求めます。実務経験がない場合は、資格が必要な求人が多いのも事実。

資格取得中でもOKな求人もあるため、もし未経験だとしてもキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanのよくある質問

MS-Japanのよくある質問

に関するよくある質問をまとめました。利用を検討している人は、参考にしてください。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanが運営する他のサービスはある?

は転職エージェントサービスの他に以下のサービスを行っています。

  • 情報掲載サイト
  • スカウトサービス
  • 会計ポータルサイト
  • 法務、弁護士、法律事務所向け転職情報サイト
  • 全国の会計・法律事務所検索サイト
  • 50代以上限定の転職支援サイト
  • IPO準備企業向け専門サイト

MS-Japanは管理部門や士業に特化したサービスを複数運営。詳細は公式サイトから確認できます。気になる人はチェックしてみましょう。

MS-Japanの利用に費用はかかる?

の転職エージェントを利用する際に、費用は一切かかりません。必要書類の作成や添削、面接対策も無料です。

面接の日程調整や内定後の年収交渉もMS-Japanが代行。転職活動に関わるすべてのサポートが無料で受けられます。

年齢制限はある?

の利用には、年齢制限はありません。しかし、MS-Japanは管理部門・士業に特化したサービス。年齢を含めて、以下の条件が求人と異なると紹介に時間がかかったり、紹介が難しかったりすることも。

  • 経験
  • スキル
  • 資格
  • 希望条件

求職者が希望する業種や分野が違うと、入会の制限はなくても紹介される求人数が少なくなることもあります。自分の希望分野とMS-Japanがマッチするかは事前に確認が必要です。

どのような職種・業界に強い?

どのような職種・業界に強い?

は、管理部門・士業に特化したサービスを提供しています。具体的には、以下の業種に強みがあります。

管理部門
・人事
・経理
・財務
・法務
・経営企画
・広報
士業
・弁護士
・公認会計士
・税理士
・社会保険労務士
・コンサルタント

MS-Japanは、日系大手企業や外資系企業、ベンチャー企業など幅広く取引が可能です。大手税理士法人やコンサルティングファームとのコネクションも豊富。管理部門・士業のスペシャリスト求人を多く取り扱っているので、管理部門・士業でキャリア形成を目指したい人におすすめです。

登録者数が国内トップクラス!

士業の資格を持っていないと登録できない?

は、士業の資格を持っていなくても登録はできます。しかし、まったくの未経験求人は少ないのが難点。MS-Japanの転職支援を受けるなら、実務経験があるとスムーズです。

MS-Japanにはどのような求人がある?

の求人は、90%が非公開求人です。他社では取り扱っていない独占求人が多くあります。さらに52%の求人が年収500万円以上の案件。年収アップが叶いやすい求人があるのが特徴です。

未経験の職種・業界でもMS-Japanを利用できる?

未経験の職種・業界でもMS-Japanを利用できる?

は、未経験でも登録はできます。しかし、未経験だと紹介可能な求人が少なくなるため、転職支援を受けにくい点がデメリットです。

実務経験がなく未経験だとしても、社労士や簿記などの資格を持っていると応募可能な求人が増えます。管理部門・士業で活かせる資格を持っていたらMS-Japanに登録してみましょう。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanの個人面談は電話でもできる?

MS-Japanの個人面談は、電話でも可能です。地方住まいやオフィスへの訪問が難しい人へも対応しています。

MS-Japanは、土曜日の他に、ゴールデンウイークやお盆休みなどの長期休みでも面談を受付。日曜日や祝日(年末年始)以外であれば、いつでも面談できる転職エージェントです。

MS-Japanの拠点はどこ?

の拠点は以下のとおりです。

拠点住所
東京本社〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F電話:03-3239-7373、FAX:03-3239-7397【交通アクセス】JR飯田橋駅西口より徒歩2分、地下鉄B2a出口より徒歩2分
横浜支社〒 220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1 JR横浜タワー15階電話:045-287-8080、FAX:045-287-8081【交通アクセス】JR横浜駅西口直結 徒歩1分
名古屋支社〒450-6312 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋 12F電話:052-551-1125、FAX:052-551-1126【交通アクセス】JR名古屋駅直結徒歩1分、地下鉄東山線・桜通線名古屋駅徒歩1分
大阪支社〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 24F電話:06-6292-5838、FAX:06-6292-5837【交通アクセス】JR大阪駅 徒歩4分、地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩5分

対面で面談を希望する場合は、住所や最寄り駅を覚えておくとスムーズです。

利用を断られることはある?

管理部門・士業以外の業種を希望する場合は、断られることがあります。MS-Japanは管理部門・士業の転職支援に特化したサービスだからです。関連する資格が無く実務経験もないと、転職サポートが受けられない可能性があります。

MS-Japanは、管理部門・士業でのキャリアアップや年収アップを目指している人におすすめです。創業30年以上の実績で培われたコネクションが多く、大手企業から外資系企業まで幅広い求人が豊富にあります。未公開求人も多く無料で利用できるので、まずは登録から始めてみましょう。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanの退会方法は?

の退会は「マイページ」から手続きができます。ログイン後に画面右上にある「マイページの使い方」から退会手続きを進めましょう。

選考中の求人がある場合、退会する旨を担当者に連絡してください。MS-Japanは一度退会するとデータを消去します。転職活動の一時休止などであれば「転職サポートサービスの停止」がおすすめ。データが引き継がれるので再開したときに便利です。

MS-Japanの利用に向いている人は?

は、管理部門・士業への転職を目指している人に向いています。管理部門・士業に特化したサービスのため、業界に精通したキャリアアドバイザーからのサポートが受けられるからです。

特にMS-Japanの利用は、以下のような人にぴったり。以下に該当する人は希望する求人情報が多くあるので、会員登録をして確認してみましょう。

  • 士業の資格を活かして大手事務所に勤めたい人
  • キャリアアップや年収アップを目指したい人
  • 職務経験を活かして管理部門を極めたい人
  • 首都圏(東京、関西、東海)での勤務をしたい人

登録者数が国内トップクラス!

デメリットはある?

のデメリットは以下の3つです。

掲載求人直接応募ができない

MS-Japanのデメリットは、掲載されている求人に直接応募ができない点にあります。気になる求人を見つけても、企業への応募の判断はキャリアアドバイザーがするからです。

求人下部にある「エントリーする」ボタンは、MS-Japanの転職サポートへのエントリーを意味します。エントリー後にMS-Japanが求職者の経歴・希望を確認してOKかどうかを判断します。

MS-Japanを利用して「転職活動が思うように進められない」「応募したいのにスムーズに進まない」など感じることも。

しかし、MS-Japanの応募システムを利用すると、入社後のミスマッチを防げるのはメリットと言えます。第三者であるキャリアアドバイザーが、応募前に自分に合う仕事かどうか判断してくれるからです。キャリアアドバイザーの視点が入るので、安心して転職活動を進められます。

士業への転職は有資格者向けのサービスとなる

士業への転職は有資格者向けのサービスとなる

士業への転職を希望する場合、が有資格者向けのサービスであることは、デメリットのひとつと言えます。MS-Japanに掲載されている求人票は、実務経験や資格が必要なものが多いからです。

MS-Japanの登録者データは、以下のような特徴があります。

  • 80%以上が実務経験3年以上
  • 90%以上が30代以上

上記のとおり、即戦力人材の求人が多いです。

求人の中には、働きながら資格取得を支援する企業や未経験でも募集している求人も。数は多くはありませんが、挑戦できないわけではありません。もし未経験だとしても応募できる求人があるかキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

登録者数が国内トップクラス!

求人が首都圏に集中している

MS-Japanのデメリットは、求人が首都圏に集中していることです。MS-Japanが取り扱う求人のエリアは東京、神奈川、愛知、大阪などの都市部がほとんど。

管理部門は本社での求人が多く、大手企業や上場企業も都市部に集中していることが背景にあります。MS-Japanの求人は約6割が東京都内の求人というデータ(※2)もあるため、地方在住の人は利用しづらいことも。

MS-Japanの首都圏以外の求人は、少なからずあることは確かです。登録、利用は無料なので、求人票を見てキャリアアドバイザーと相談するのもひとつの手です。

※2 2023年5月時点

利用期間が決められているって本当?

の利用期間に制限はありません。本人からの登録解除の申請があるまでは登録状態です。ただし、MS-Japanの転職支援を受けて転職が決定した人は、その時点で求人の紹介がストップ。もし、内定をもらっても転職活動を続けたい人は、担当者にきちんと相談しましょう。

MS-Japanの「おすすめキャリア診断」って何?

MS-Japanの「おすすめキャリア診断」って何?

「おすすめキャリア診断」とは、の会員になると無料で受けられるキャリア診断サービスです。自分の経歴をもとに、MS-Japanのキャリアアドバイザーがキャリアの可能性を提案します。

診断は、2〜3営業日で結果が出ます。診断結果はマイページで確認できる仕組み。「おすすめキャリア診断」では以下のような診断があります。

  • 事務所と企業でどう違うか
  • 資格別のキャリアの可能性 など

転職活動で活かせる情報がもらえるので、会員登録したら診断してみましょう。

登録者数が国内トップクラス!

MS-Japanにスカウト機能はある?

MS-Japanにはスカウト機能はありません。運営会社が展開する「MS Job」だとスカウトが受けられます。スピーディーな転職活動をしたい人には「MS Job」もおすすめ。

派遣の求人もある?

MS-Japanでは、派遣の求人は見つかりにくいです。MS-Japanは正社員への転職に特化しているからです。MS-Japanは、正社員への転職を希望している人と企業・事務所をつなぐサポートを実施。派遣の求人はサポートが対象外と言えます。

管理部門・士業で派遣として働きたい人は、派遣の求人に強い転職サービスの利用もおすすめ。自分の希望条件と合う転職エージェントを選ぶことも、転職活動をスムーズに進めるためのポイントです。

新卒者でも利用できる?

新卒でも利用ができます。新卒者向けの求人も多数取りそろえているため、管理部門を目指したい大学生に好評です。

面接対策を受けられる?

では、面接対策が受けられます。面接対策を希望する場合は、自分からキャリアアドバイザーに伝えましょう。

MS-Japanは、管理部門・士業に特化した転職エージェント。面接のノウハウや内定実績が豊富です。書類選考が通過して面接に進んだら、キャリアアドバイザーに面接対策を相談すると安心して臨めます。

登録者数が国内トップクラス!

知って得する管理部門の豆知識

知って得する管理部門の豆知識

管理部門のイメージがわかない人に向けて、ここでは管理部門について解説します。

MS-Japanを利用するなら、前提知識として知っておきましょう。

管理部門とは

管理部門は、営業やマーケティングなどの売上に直結する部門を支援する部門です。例えば、経理や人事、総務、法務などの職種を指します。売上に直接貢献しないため「間接部門」と呼ばれることも。

企業の安定的な運営には、収益を生み出す事業が必要不可欠。売上を作る営業・企画部門を担当する部署や人材が必要です。売上に直結する部門や企業全体をサポートする管理部門があることで、企業の運営は円滑に進みます。

管理部門の業務は、以下のように多岐にわたります。

  • 人材の採用と管理
  • 請求書の発行
  • 契約書の作成
  • 経費の支払い など

管理部門が欠けると、経営や売上に悪影響を及ぼす可能性が。売上に直結する業務を円滑に進め、安定した企業運営のためにも管理部門は不可欠です。

管理部門の種類

管理部門の種類は、主に以下のとおりです。

  • 人事
  • 総務
  • 法務
  • 経理

人事

人事

人事部門は、会社の人員の採用や管理を担当しています。人材は重要な経営資源であり、人事の業務は会社の現在と将来の生産性に大きく関わります。

総務

総務部門は、他の部署が担当しないさまざまな業務を包括的に担当します。具体的には、従業員の健康管理や株主総会の運営などの業務です。

法務

法務部門は、契約書の作成や確認、法的問題や訴訟対応をする部門です。近年ますます重要視されているコンプライアンスに関する法律知識を活用して業務を行います。

経理

経理部門は、会社に出入りするすべての資金の流れを管理。取引ごとに伝票を作成し、帳簿に記録し、最終的には決算資料をまとめます。

管理部門の重要性

管理部門の重要性は企業の規模によって異なります。

大企業にとっては、管理部門は売上に直結するフロントオフィスを支援し、企業成長を促進する重要な役割を果たします。大企業では人や資金などの経営資源を比較的容易に確保できるため、管理部門が充実している傾向です。

一方、中小企業やベンチャー企業では、コスト削減の観点から経営者や役員が管理部門業務を担当することも。しかし、管理部門の人材が確保できていないと、機会損失を招く可能性があります。管理部門は、事業拡大や企業成長の促進を底上げする重要なポジションです。

管理部門が顧客や従業員などの利害関係者との調整を行うことも。コンプライアンス対応やリスクヘッジにもつながります。管理部門の機能強化は、企業全体の信頼性を高め、持続可能な成長を実現するために重要です。

管理部門に求められるスキル

管理部門では、パソコンスキルは必須です。資料や書類の作成、データ入力などパソコンを使用する機会が多いからです。実務を通じてスキルを高め、日常的にパソコンを使い慣れるよう心がけましょう。

コミュニケーションスキルも管理部門にとっては重要なスキル。円滑なコミュニケーションができる人は、上司や同僚、部下、他部門との関係を築きやすく、業務に良い影響を与えます。

MS-Japanで管理部門・士業のキャリアアップを目指そう!

は、管理部門・士業に特化した転職エージェントです。創業30年以上の実績から培われた転職ノウハウが豊富。即戦力となる人材を募集している大手企業や外資系企業の非公開求人情報を数多く取りそろえています。

「管理部門の求人が思うように見つけられない」「士業の資格を活かして転職活動をしたい」そんな方におすすめです。

は、管理部門と士業に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。豊富な実績とノウハウを活かして内定獲得までフルサポート。土曜日やゴールデンウイークなどの長期休暇でも電話相談が可能なので、働きながらでも転職活動が進められます。

登録者数が国内トップクラス!

タップできる目次