メニュー
さむらい社労士
2006年社労士合格。
実務経験・法律知識ゼロから通信講座を利用し合格しました。
合格後は多くの人に勉強方法のノウハウを伝授しています。
15年以上の経験をあなたにお伝えします。

【本気の人こそ選ぼう!】フォーサイト社労士講座の全額返金保証

【本気の人こそ選ぼう!】フォーサイト社労士講座の全額返金保証

フォーサイトの全額返金保証は受講の決め手になるのかな?

そんなあなたの疑問にお答えします。

フォーサイトの社労士講座には全額返金保証制度が設けられています。
講座を受講したけど不合格だった場合に、受講料の返金を受けられる制度です。

不合格時に返金をする講座はなかなかありません。

  • 返金のハードルが高いんじゃないの?
  • 講座を受講する決め手になるの?

あなたもそう思いますよね?

結論からいうと、
全額返金保証の条件は厳しいです。

でも本気で合格を目指すなら、絶対に全額返金保証がついている講座を利用するべきです。

なぜ利用したほうがいいのか?

その理由を含め、今回はフォーサイトの全額返金保証制度について書いていきます。

本記事の内容

  • フォーサイトの全額返金保証制度の詳細
  • どんな人におすすめなのか

\ 安心の返金保証付き! /

目次

フォーサイトの全額返金保証制度の詳細

フォーサイトの社労士講座で全額返金保証を受けるには、いくつかの条件があります。

全額返金保証制度の流れ

全額返金保証の条件

  1. バリューセット3を受講する
  2. 全ての確認テストで100点を取る
  3. 学力試験で上位16%に入る
  4. 本試験前に必要書類の送付する
  5. 本試験で一定以上の点数を取る
  6. 合格発表後に教材などを一式返送する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①バリューセット3を受講すること

フォーサイトの社労士講座にはバリューセット1〜3があります。

全額返金保証制度の対象となるのはバリューセット3のみです。

他の講座では対象になりません。

全額返金保証制度を受けたい場合は、必ずバリューセット3を申し込んでください。

講座を申し込む段階では、全額返金保証制度の手続きは必要ありません。

▶バリューセット1〜3それぞれの違いはこちらをご覧ください
【あなたに合った講座はコレ!】フォーサイトの社労士講座の比較

②全ての確認テストで100点を取る

②全ての確認テストで100点を取る

【本試験の前日まで】

フォーサイトの社労士講座を受講すると、eラーニング(ManaBun)が無料で利用できます。

そのManaBun内で行われる確認テストで全て100点を取る必要があります。

100点というとハードルが高く感じますが、確認テストは何回でもチャレンジできます。

ここでつまづくようでは社労士合格も難しいので、100点を目指し勉強しましょう。

③学力試験で上位16%に入ること

【本試験の3週間前〜本試験2週間前まで】

本試験3週間前〜2週間前になると学力試験が実施されます。

この学力試験で上位16%に入る必要があります(2023年度講座の場合)。
※学力試験もeラーニング(ManaBun)で行います。

学力試験は一発勝負です。
全額返金保証を受けるために一番高いハードルです。

しかし◯◯点以上という絶対評価ではありません。
上位16%という相対評価です。

社労士合格率が6%〜7%なのと比べると、本気で勉強するあなたなら達成できるレベルです。

④本試験前に必要書類の送付すること

④本試験前に必要書類の送付すること

【本試験5日前までに】

これが全額返金保証制度の申し込みとなります。

  • 返金申請書
  • 本人確認書類のコピー(免許証など)
  • 受験票のコピー

を本試験5日前までにフォーサイトに送付しましょう。

受験票が届いて気持ちが高ぶっていると思います。
でも忘れずに必要書類を送付しておきましょう。

返金申請書はeラーニング(ManaBun)から入手できます。

⑤本試験で一定以上の点数を取ること

【試験当日〜合否発表】

本試験で以下の点数を取ることが必要です。

  • 選択式および択一式の合格最低点+1点以上であること
    (例:選択式試験の合格最低点が25点なら26点以上、択一式試験の合格最低点が42点なら43点以上)
  • 選択式および択一式の15の試験科目における基準点のうち、基準点割れとなった試験科目が2つ以下であること
    (基準点の引き下げによって基準点を満たした場合には、基準点割れの試験科目としては扱いません)

社労士の合否基準は、合否発表日に公表されます。
そのため自分が全額返金保証の対象になるかは、合否発表日までわかりません。

本試験で実力を出し切ったあとは待つしかありません。

⑥合否発表後に教材などを一式返送すること

⑥合否発表後に教材などを一式返送すること

【合否発表から14日以内の消印】

試験結果が送られてきたら、下記のものをフォーサイトに送りましょう。

  • 試験結果通知書のコピー
  • 本人確認書類のコピー
  • 返金申請書
  • 教材一式

教材一式を返す必要があるので注意が必要です。

去年の教材でそのまま勉強するということができません。

お金が戻ってくるので、心機一転で新しい教材でふたたび合格を目指しましょう。

全額返金保証制度がおすすめな人

全額返金保証制度がおすすめな人

全額返金保証制度は条件がとても厳しいです。

ネット上では「フォーサイトは返金する気がない」という意見もあります。

しかしフォーサイトも利益を無視してやっていくわけにはいきません。
会社として全額返金のハードルを高くするのは当然といえるでしょう。

そのため、「今回は記念受験でいいや」
という方には、全額返金保証制度をあてにするのはおすすめできません。

では全額返金保証制度はどのような方におすすめでしょうか?

全額返金保証制度がおすすめの人

  • 本気で社労士合格を目指したい人
  • 過去にわずかな点数で不合格になった人
  • 教育訓練給付制度が利用できない人

本気で社労士合格を目指したい人のお守り代わりに

あなたは本気で社労士に合格したいですか?

全額返金保証制度がおすすめなのは、本気で勉強をする気がある人です。

全額返金のハードルは高いです。
しかし本気で勉強できる人には決して高いハードルではありません。

フォーサイトの教材を信じて勉強していけば、合格点を超えることはできます。

教材に自信があるからこそ、フォーサイトも全額返金保証制度を設けています。

あなたがフォーサイトの教材を信じて勉強していけば、必ず合格点に到達します。

特にバリューセット3はeラーニング(ManaBun)で「過去問一問一答演習」を利用できます。

「過去問一問一答演習」で本当の理解力を育て、合格できる力をつけていきましょう。

それでも本試験は何が起こるかわかりません。

本気で勉強するけど、もしもの時の安心感が欲しい人。

そのような方に全額返金保証制度があっています。

▶フォーサイトの教材なら、合格点主義にもとづいた効率的な勉強ができます。詳しくこちらをご覧ください
フォーサイト社労士講座の教材を徹底解明

過去にわずかな点数で不合格になった人

あなたが過去に社労士試験を受け、わずかに点数が届かず不合格だった場合。

具体的には1〜2科目の基準点割れに泣いたことがあるなら、合格する実力は十分あります。

そんなあなたなら全額返金保証の条件もクリアできる確率が高いです。

それなら、全額返金保証のお守りを持って安心して勉強していきましょう。

教育訓練給付制度が利用できない人にもおすすめ

「バリューセット1」と「バリューセット2」は教育訓練給付制度の対象です。
しかし、主婦(夫)や公務員の方は教育訓練給付制度を利用できません。

「受講料が安くならないなら、少しでも合格の確率が高い講座を受講したい」

その場合はバリューセット3を受講し、全額返金保証という安心感のもとで勉強するのがおすすめです。

▶教育訓練給付制度を詳しく知りたい方はこちらご覧ください
【使わないと損!】フォーサイト社労士講座を教育訓練給付でお得に受講する方法

まとめ:全額返金保証は本気で勉強するあなたにおすすめ

まとめ:全額返金保証は本気で勉強するあなたにおすすめ

フォーサイトの全額返金保証制度について書いてきました。

  • バリューセット3が全額返金保証制度の対象
  • 全額返金保証制度の条件は厳しい
  • 本気で勉強できる人のお守り代わりに
  • 教育訓練給付制度が利用できない人にもおすすめ

受講料を全額返金するので、全額返金保証の条件は厳しいです。
だからこそ本気で勉強できる人にしか、全額返金保証の条件はクリアできません。

あなたは本気で社労士に合格したいですか?

そんな本気で勉強できるあなたは、バリューセット3を受講しましょう。

そして、全額返金保証というお守りを持って勉強していきましょう。

あなたの社労士合格を応援しています!

\ 安心の返金保証付き! /

目次