メニュー
さむらい社労士
2006年社労士合格。
実務経験・法律知識ゼロから通信講座を利用し合格しました。
合格後は多くの人に勉強方法のノウハウを伝授しています。
15年以上の経験をあなたにお伝えします。

【5つの理由】社労士合格には独学・通学よりも通信講座が最適

【5つの理由】社労士合格には独学・通学よりも通信講座が最適
  • 通信講座で社労士に合格できるか不安…
  • 節約したいから独学…
  • 生で講義を聴きたいから通学…

そんな風に悩んでいませんか?

社労士に合格するには、通信講座で勉強するのがベストな選択です。

なぜなら通信講座は、合格するためのメリットがたくさんあるからです。

特に独学や通学で不合格だった人は、通信講座の利用が合格への近道になります。

私は2006年に社労士に合格しました。

実務経験ゼロ・法律知識ゼロの中、通信講座を利用して一発で合格しました。

一発で合格できたのも、通信講座のメリットを最大限にいかすことができたからです。

この記事では、通信講座のメリット・デメリットをお伝えします。
あわせておすすめの通信講座もご紹介します。

この記事を読み、あなたも通信講座で社労士合格を目指しましょう!

目次

社労士合格のために通信講座を利用する5つのメリット

社労士合格のために通信講座を利用する5つのメリット

ここでは通信講座のメリットを5つ紹介します。

【通信講座の5つメリット】

  1. 時間や場所の制約をうけない
  2. ムダのない効率的な勉強ができる
  3. 合格までの費用が安い
  4. 先生の質が高い
  5. 繰り返し講義を聴くことができる

メリット①:時間や場所の制約がない

通信講座は時間や場所の制約がない

通信講座の一番のメリットは、時間や場所の制約をうけないことです。

基本的にPCやスマホで講義を聴くことができるので、いつでも・どこでも勉強することができます。

これが通学だと、講義の日程が決まっています。

日々の生活ではトラブルはつきもの。

  • 仕事で残業を頼まれた
  • 子供が急に熱を出した
  • 自分の体調が悪くなった

通信講座ならそのようなトラブルがあっても、柔軟に対応できます。

自分のペースで勉強できるので、生活スタイルに合わせて勉強できるのです。

通信講座なら育児や仕事との両立もできますね

メリット②:ムダのない効率的な勉強ができる

通信講座はムダのない効率的な勉強ができる

通信講座の講義を聴いてみると、先生の話にムダがありません。

予備校での対面の授業では、はじめに先生のあいさつや世間話があったりしますよね?

緊張をほぐすということは大事ですが、基本的にはその話が社労士合格にはつながりません。

教材も一人で勉強することを前提に作られているので、簡単な言葉でわかりやすく書かれています。

あなたはただでさえ、育児や仕事に忙しいのです。

ムダが省かれた通信講座の講義と教材で、効率的に勉強していきましょう。

メリット③:合格までの費用が安い

通信講座は合格までの費用が安い

社労士の講座を通学で受講すると、受講費用だけで30万円以上かかります。

近年の社労士試験は、合格に2〜3年かかることも普通です。

毎年30万円以上のお金を払っていたら、家計にも大きな負担となります。

それが通信講座だと、10万円前後におさまることが多いです。

もちろん独学なら、もっと安くおさめることはできます。

しかし独学の場合は、「教材を選ぶ手間」や「試験の情報収集」も全て自分でやる必要があります。

  • 本屋の社労士受験コーナーに行く
  • たくさんある書籍の中で自分に合うものを探す
  • 試験の情報も自分で検索する

そんな手間を考えると、通信講座のほうが圧倒的にコストパフォーマンスが高いです。

通信講座なら予備校に通う交通費もかかりませんね。

メリット④:先生の質が高い

通信講座は先生の質が高い

通信講座の先生は、画面の向こうにいるあなたに講義をします。

つまり、不特定多数の生徒を満足させる能力が、通信講座の先生には必要なのです。

先生は画面の向こうにいるあなたのことを考え、

  • 目線
  • 声の出し方
  • 身振り手振り

を日々研究しています。

先生を採用する会社も、厳選に厳選を重ねて先生を選びぬきます。

あなたはそんな選びぬかれた先生から学ぶことができるのです。

メリット⑤:繰り返し講義を聴くことができる

通信講座は繰り返し講義を聴くことができる

通信講座の場合は繰り返し勉強できることも大きなメリットです。

対面で講義を聴く通学講座の場合は、先生の話を聴き漏らすこともあります。

しかし通信講座は、講義をWeb上やダウンロードして聴くことができるので、何度でも繰り返し視聴できます。

納得できるまで何度も聴くことで、知識を自分のものとして定着させることができます。

通信講座を利用する時のデメリット

通信講座を利用する時のデメリット

メリットの多い通信講座にも、もちろんデメリットはあります。

【通信講座のデメリット】

  • 勉強への強制力がない
  • 孤独を感じる

デメリット①勉強への強制力がない

通信講座は勉強への強制力がない

「いつでも・どこでも」勉強できるのは通信講座の一番のメリットでした。

それは「強制力がない」というデメリットにもなります。

通信講座は自主的に勉強時間を作らなければなりません。

どうしても人間はラクなほうに流れていきます。

怠けていると、そのままズルズルと挫折してしまう可能性もあります。

それを考え、最近の通信講座ではWeb上で進捗管理ができるものもあります。

勉強が進んでいない場合は警告を出したりして、勉強を促してくれます。

そんな自然に継続できるような通信講座のシステムを最大限に使いましょう。

デメリット②孤独を感じる

通信講座は孤独を感じる

通信講座は基本的に一人で勉強します。

仲間がいないのでモチベーションの維持ができない

という人はたくさんいます。

予備校に通えば仲間ができるわけではありません。

でも一緒に勉強している人の顔を見ればホッとすることもあります。

孤独というのは、通信講座に昔から存在するデメリットです。

最近ではこの孤独というデメリットを解消するため、各社では色々な工夫をしています。

例えばフォーサイトのeライブスタディなら、通信講座なのに「ライブ講義」を聴くことができます。

\フォーサイトオリジナルeライブスタディ

チャット機能で先生とコミュニケーションも取れます。

このような機能を利用すれば、「自分ひとりで勉強しているんじゃない」という感覚を味わえますね。

おすすめの社労士の通信講座5つ

おすすめの社労士の通信講座5つ

これらのメリットやデメリットをふまえ、おすすめの通信講座を5つご紹介します。

この5つの通信講座は、15年以上の経験から本当におすすめできる講座です。

おすすめの通信講座5つ

※各社のHPにとびます

この中でも特におすすめはフォーサイトです。

フォーサイトなら、

  • 勉強の進捗管理ができるeラーニング
  • リアルタイムで講義を聴けるeライブスタディ

を利用すれば、通信講座のデメリットも解消できます。

それだけではなく、

  • テキストがフルカラーで図表が豊富
  • eラーニングでいつでも・どこでも勉強できる
  • 合格実績も圧倒的に高い

など、社労士合格を目指すなら絶対に候補に入れたい通信講座です。

合格に必要な教材がバランスよく詰まっているので、初心者も受験経験者も安心です。

\ 受講者の4人に1人が合格! /

まとめ:合格したいなら今からはじめよう!

まとめ:合格したいなら今からはじめよう!

通信講座のメリットとデメリットを書いてきました。

【通信講座の5つメリット】

  1. 時間や場所の制約をうけない
  2. ムダのない効率的な勉強ができる
  3. 合格までの費用が安い
  4. 先生の質が高い
  5. 繰り返し講義を聴くことができる

【通信講座のデメリット】

  • 勉強への強制力がない
  • 孤独を感じる

【1番おすすめの通信講座】

  • フォーサイト

今回は「社労士合格には通信講座が最適」ということを書いてきましたが、通信講座の「選び方」も重要です。

以下の記事では、15年以上の経験から「本当におすすめできる通信講座」を紹介しています。

あわせてこちらの記事もぜひ読んでください。

あなたが社労士合格のためにできることは、今からはじめることです。

今が試験から一番遠い日。

今からはじめれば一番合格率が高くなります。

そして、今からあなたの合格への道を進んでいきましょう!

目次