目的条文マグカップ発売中!購入はこちら

転職エージェントとは?キャリアアップを実現するプロのサポートを解説!

(PR)記事内にプロモーションを含みます
転職エージェントとは?キャリアアップを実現するプロのサポートを解説!
  • 転職したいけど、転職エージェントに登録したほうがいい?
  • 登録したら面談が必要なの?
  • そもそもどんなサポートを受けられるの?

転職エージェントは、転職時の頼れるサポーターです。

転職活動を行う際、自力で求人を探し応募するよりも、転職成功の可能性が高まります。

しかし、実際の利用方法やメリットを理解している人は少ないのが現実。

そこでこの記事では、転職エージェントの役割とメリットやデメリット、選び方までを解説します。

この記事を読めは、最適な転職エージェントが選べ、スムーズな転職活動ができます。

当サイトで一番のおすすめは

MS-Japanは30年以上、管理部門・士業に特化した転職エージェント。

転職エージェントの中でもMS-Japanなら間違いありません。

\無料登録で非公開求人も見れる/

競争の激しい転職業界で職種特化で生き残れるのは、それだけ優れたエージェントである証。

非公開求人が90%を占めているので、まずは会員登録(無料)して非公開求人を確認してみましょう。

\管理部門特化型エージェントNo.1/

この記事の執筆者

さむらい社労士

2006年に社労士合格。

合格後は、複数社で人事・総務を経験。

X(Twitter)では300名以上の社労士受験生に対して無料相談を実施。

プロフィール詳細You TubeX(Twitter)

社労士証票・試験合格証
タップできる目次

転職エージェントとは転職を成功に導くサポーター

転職エージェントとは転職を成功に導くサポーター

転職エージェントは、スムーズな転職活動を支援するサービス

受けられる主なサービスは以下とおりです。

  • 個々に合わせたキャリア相談
  • 求人紹介
  • 企業への応募
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 転職後のフォローアップ

専任のキャリアアドバイザーが相談に応じてくれるため、個人のニーズに沿った転職が可能です。

利用料無料で、幅広い求人情報や非公開求人へアクセスできます。

転職後のフォローアップを提供するところもあり、転職活動全体のトータルサポーターと言えるでしょう。

転職エージェントにはノウハウが蓄積されているため、自分で進めるよりも転職成功の可能性が高いです。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトは、役割や特徴が大きく異なります。

転職エージェントの強みは、個々に合わせた細やかなサポートです。

担当者がキャリア相談から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、さらには企業との交渉までトータルでサポートしてくれます。

一般には公開されていない、魅力的な非公開求人の紹介もありますよ。

転職サイトはサポートがない分、マイペースで転職活動を進められます。

自分で求人を検索し、興味のある企業に直接応募します。

公開求人が中心となり、幅広い選択肢があることがメリットです。

それぞれの違いを理解しし、自分の状況と希望に沿って使い分けましょう。

転職エージェントと転職サイトの違いは、こちらの記事を参考にしてください。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットは、以下のとおりです。

  • 専門的なキャリアアドバイスを受けられる
  • 非公開求人にアクセスできる
  • 履歴書・職務経歴書の添削を受けられる
  • 面接対策とフィードバックを受けられる
  • すべて無料で利用できる

専門的なキャリアアドバイスを受けられる

転職エージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーから専門的なキャリアアドバイスが受けられます。

具体的には、以下のアドバイスを受けられます。

  • 適切な職業選択やキャリアパス
  • 自己理解を深める質問や評価
  • 将来的なキャリアの可能性や選択肢
  • 職務経験やスキルを活かせる職場への転職戦略
  • 個人の強みや弱み
  • 長期的なキャリア形成

自己理解を深める質問や評価は、キャリアプランを明確にするために必要です。

個人の強みや弱みを分析することで、転職市場での自分の現在地を把握できます。

転職成功だけでなく、個人のキャリアを長期的に良い方向に導くための重要なサポートと言えるでしょう。

個々の状況に合わせたアドバイスや分析を受けられますよ。

非公開求人にアクセスできる

非公開求人にアクセスできる

転職エージェントの魅力は、非公開求人にアクセスできることです。

高い年収や好待遇な案件の多くは、非公開求人です。

一般公開されていないので競争が少なく、より良い条件の仕事を見つけられます。

転職エージェント経由でのみ応募できる非公開求人は、競争相手が少ないので採用率も高いです。

企業との交渉も転職エージェントが代行してくれ、給与や勤務条件などの面で有利になります。

採用ニーズに合った求職者にのみ情報が提供されるため、効率的に転職活動ができます。

履歴書・職務経歴書の添削を受けられる

転職エージェントが提供する添削サポートは、自己アピールの大きな助けとなります。

応募先企業や業界に合わせた履歴書・職務経歴書の作成ができます

フォーマット選びや文言の使い方など、書類選考のポイントを押さえた具体的な指導が受けられますよ。

履歴書や職務経歴書の書き方がわからない人も、 安心して作成できます。

【関連情報】

>>履歴書の書き方完全版

>>職務経歴書の書き方を徹底解説

面接対策とフィードバックを受けられる

面接対策とフィードバックを受けられる

面接対策では、実際の面接場面をシミュレーションできます。

面接官の視点から具体的な対策とフィードバックを受けられるため、積極的に利用すべきです。

例えば以下の点は、自分ひとりで対策はできません。

  • 質問への回答の仕方や立ち振る舞い
  • 自己アピールの方法
  • 緊張をほぐす方法
  • 心構えについて

面接で好印象を得るためには、質問への適切な回答や立ち振る舞いが重要です。

転職エージェントからは自分の強みのアピール方法や、緊張のほぐしかた、心構えなどの指導も受けられます。

すべて無料で利用できる

求職者は転職エージェントのサービスを、無料で利用できる大きなメリットがあります。

転職エージェントが無料な理由は、以下のとおりです。

  • 職業安定法により、求職者から料金を徴収することが禁じられているため
  • 企業からの成果報酬を、主な収入源としているため

転職エージェントには、採用した人材の年収の30%〜35%が紹介料として支払われます。

しかし、転職後に半年以内で退職してしまった場合、転職エージェントは紹介料を返金しなければなりません。

そのため転職エージェントは、求職者にフィットする職場を見つける必要があるのです。

キャリアアドバイザーとの面談や、企業への面接時の交通費などは自己負担ですよ。


転職エージェントでは、特に転職に慣れていない人には頼れる存在

履歴書の作成から面接対策、企業との交渉に至るまで、プロの視点からアドバイスを受けることで、よりスムーズに転職活動を進めることができます。

より詳しい転職エージェントのメリットは、こちらの記事を参考にしてください。

>>転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリット

転職エージェントには多くのメリットがありますが、デメリットも存在します

あらかじめデメリットを知っておき、いざという時に慌てないようにしましょう。

  • 担当者と相性が合わない場合がある
  • 一部のエージェントには強引な求人紹介がある
  • 求人紹介が自分の希望と合わない場合がある
  • 転職活動のペースが合わない場合がある

担当者と相性が合わない場合がある

コミュニケーションスタイルの違いや担当者の経験値次第では、相談しにくさや理解を得られないことがあるでしょう。

担当者と合わないと、転職活動もストレスになるだけ。

担当者との相性が悪いなら、担当変更を申し出ましょう。

もし担当者を変更する場合、やり取りに時間がかかることも考慮しましょう。

一部のエージェントには強引な求人紹介がある

一部のエージェントには強引な求人紹介がある

転職エージェントの中には、以下のように強引に求人紹介を行うエージェントも存在します。

  • 頻繁な連絡
  • 高圧的な態度
  • 興味がない求人への応募の強制

強引な求人紹介はストレスもたまり、エージェントへの信頼を損なう原因です。

信頼できるエージェントを見極めましょう

求人紹介が自分の希望と合わない場合がある

自分の希望に完全に合う求人がない場合があります。

エージェントが持っている求人情報は限定的だからです。

希望する職種や業界、給与、勤務地など、全ての条件にマッチする求人がない場合があります。

市場にある全ての求人情報を把握しているわけではなく、理想の職が見落とされることもあり得ます。

希望と異なる求人の紹介は、担当者の理解とコミュニケーション不足が原因です。

希望条件を明確に伝えるために、積極的にコミュニケーションを取りましょう

転職活動のペースが合わない場合がある

転職エージェントとペースが合わな場合があります。

担当者が成果を急ぐあまり、無理なスケジュールを押し付けられたら要注意です。

早すぎるペースは、十分な検討ができないリスクがあります。

エージェントには柔軟な対応が求められますが、全てのエージェントが対応できるわけではありません。

エージェントに流されることなく、自分のペースで転職活動を進めることが大切です。

転職エージェントを選ぶポイント

転職エージェントを選ぶポイント

適切なエージェント選びは転職成功への近道となります。

以下のポイントが重要です。

  • 自分の求める職種・業界に強いエージェントを選ぶ
  • サポート体制を確かめる
  • 利用者の評判やフィードバックを参考にする
  • 登録から活用までの手軽さで選ぶ

自分の求める職種・業界に強いエージェントを選ぶ

目指す職種・業界に強い転職エージェントを選ぶことが重要です。

分野に精通したキャリアアドバイザーからの、具体的なアドバイスや豊富な求人情報が得られます。

以下のポイントをおさえましょう。

  • 特化している職種・業界の求人充実度
  • 強みや専門分野
  • 職種ごとの成功事例やケーススタディ
  • 業界知識が豊富なキャリアアドバイザーの在籍
  • 独自のアプローチやネットワーク
  • 業界イベントやセミナーへの参加実績
  • 経験を持つキャリアアドバイザーの在籍
  • 業界特有の情報量や質
  • 転職成功率や支援実績

管理部門に特化したエージェントなら、最新のトレンドや市場のニーズに合わせた求人が紹介されるでしょう。

特定の資格に強いエージェントなら、独自のネットワークを通じた専門職の求人を見つけられます。

公式HP以外のサイトから口コミ・レビューも確認し、エージェントの強みと専門分野を確認しましょう。

業界経験があるアドバイザーの在籍や、業界特有の情報量や質を見極めることも大切です。

キャリアアドバイザーに成功事例やケーススタディを聞いておくことで、キャリアプランに合うかどうかもわかります。

サポート体制を確かめる

サポート体制を確かめる

充実したサポート体制が整っているエージェントを選びましょう。

各サービスが自分のニーズに合っているかを見極めることが大切です。

エージェントのサポート体制を確かめるために、以下のポイントを確認してください。

  • 対応時間や連絡方法
  • レスポンスの速さ
  • キャリアアドバイザーの経験値
  • 履歴書の添削や面接対策などの具体的なサポート内容
  • 内定獲得後のフォロー
  • 追加サービスの充実度(セミナーなど)

なお、当サイトでは以下の4社の転職エージェントをおすすめしています。

迷ったらこの4社に登録しておけば失敗しません。

スクロールできます
タイプエージェント名特徴
総合型リクルートエージェント国内最大のエージェント
求人数は業界No.1
doda(デューダ)リクルートと並ぶ大手
求人数は20万人超
専門型MS-Japan管理部門・士業に特化
非公開求人が90%
ヒュープロ管理部門・士業に特化
会計事務所に強い

利用者の評判やフィードバックを参考にする

インターネットに投稿された口コミは、利用者のリアルな声を知るチャンスです。

サポート内容や担当者の対応などが明らかになります。

以下の情報を参考にしましょう。

  • 利用者の成功事例や失敗談
  • ランキングや満足度調査
  • 友人や知人からの推薦
  • 統計データ
  • フィードバックへのエージェントの対応

サービスの質や改善への取り組みを判断できます。

総合的にエージェントを評価するといいでしょう。

登録から活用までの手軽さで選ぶ

スムーズな転職活動のためにも、登録から活用までの手軽さは非常に重要です。

以下の点を確認しましょう。

  • オンライン登録の簡単さ
  • 登録手順の簡便さ
  • サイト自体の使いやすさ
  • キャリアアドバイザーとコンタクトの取りやすさ
  • アプリの有無や使い勝手
  • 利用者の体験談やレビュー評価の高さ
  • 頻繁なログインや確認が不要

必要な情報を入力してすぐに利用できれば、ストレスなく転職活動をスタートできます。

サイト自体の使いやすさや、サポート体制のも重要なポイントです。

キャリアアドバイザーとサイト上ですぐに連絡を取れるかも確認しましょう。

専用のアプリがあると、スキマ時間にも効率的に求人の確認ができますよ。

利用者の体験談やレビュー評価が高い転職エージェントなら安心です。


転職エージェントは、転職の頼れるパートナー。

転職活動をスムーズに進めるために、エージェント選びに失敗すると、転職活動も失敗に終わります。

こちらの記事では転職エージェントの失敗しない選び方をより詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

転職エージェントのよくある質問

転職エージェントのよくある質問

ここでは転職エージェントに関するよく質問に回答します。

非公開求人は登録しないと見れませんか?

非公開求人は登録しないと見れません。

また、登録しても詳細までは見れないこともあります。

気になった求人をもっと詳しく知りたい場合は、担当のキャリアアドバイザーに確認しましょう。

登録後にキャリアアドバイザーとの面談は必須ですか?

転職サイトとは違い、転職エージェントではキャリアアドバイザーとの面談は必須です。

面談は、あなたのニーズや価値観を知るための重要な場。

「話すのが苦手」「求人だけ見たい」と思っていても、転職成功のために面談は受けましょう。

転職エージェントは本当に無料ですか?

転職エージェントは無料で利用できます。

転職エージェントは、企業から成果報酬という形でもらっています。

仮に入社後にすぐ退職した場合、報酬を返金する必要があります。

そのため、無料だからといって質が低いわけではなく、求職者と企業側のニーズがマッチした求人のみ紹介を受けられます。

転職するか迷っている状態でも転職エージェントに登録してもいいですか?

登録=転職ではないので、安心して登録してください。

転職するか迷っている状態でも、まずは登録して相談するのがおすすめ。

キャリアアドバイザーとの面談の中で、キャリアプランを明確し、自分に転職が必要なのか確認しましょう。

まとめ:転職エージェントを利用して転職を成功させよう!

まとめ:転職エージェントを利用して転職を成功させよう!

転職エージェントは転職活動の強力なサポーターです。

専門的なキャリアアドバイスや非公開求人へのアクセス、履歴書の添削サポートなどのサポートが受けられます。

メリットがある一方で、担当者との相性や求人の選定に関する問題などデメリットも存在します。

自分が希望する職種や業界に強いエージェントを見極めることが大切です。

サポート体制や利用者の評判を参考にし、使いやすさも考慮しましょう。

転職エージェントを賢く利用し、効率的な転職活動を行ってください。

なお、当サイトでは以下の4社の転職エージェントをおすすめしています。

迷ったらこの4社に登録しておけば失敗しません。

スクロールできます
タイプエージェント名特徴
総合型リクルートエージェント国内最大のエージェント
求人数は業界No.1
doda(デューダ)リクルートと並ぶ大手
求人数は20万人超
専門型MS-Japan管理部門・士業に特化
非公開求人が90%
ヒュープロ管理部門・士業に特化
会計事務所に強い
タップできる目次