目的条文マグカップ発売中!購入はこちら

【採用への近道】転職者必見!履歴書の封筒マナーと書き方を徹底解説

(PR)記事内にプロモーションを含みます
【採用への近道】転職者必見!履歴書の封筒マナーと書き方を徹底解説

就職活動での履歴書の封筒の書き方に悩んでいませんか?

履歴書の封筒の書き方は、第一印象に大きく影響します

しかし、正しい宛名や住所の書き方を知らない人も多いのが現実。

「たかが封筒」と侮ってはいけません。

この記事では、履歴書の封筒への記入から封入までの流れを、転職に慣れていない人にも分かりやすく解説しています。

最後まで読み、採用担当者に良い印象を与える履歴書の封筒マナーを身に付けましょう。

履歴書の封筒マナーについての不安を解消し、採用への近道を手に入れてください

この記事の執筆者

さむらい社労士

2006年に社労士合格。

合格後は、複数社で人事・総務を経験。

X(Twitter)では300名以上の社労士受験生に対して無料相談を実施。

プロフィール詳細You TubeX(Twitter)

社労士証票・試験合格証

社労士サポートchでは、おすすめ転職エージェントの口コミ・評判を独自に調査しています。

随時掲載しているので、転職経験者のリアルな声を確認してください。

タップできる目次

履歴書を入れる封筒の宛名・住所の書き方

履歴書を入れる封筒の宛名・住所の書き方

履歴書を入れる封筒の宛名・住所の書き方は、送付先に対する真摯な姿勢を示す非常に重要なポイントです

適切な書き方は採用担当者に良い第一印象を与えられます。

ポイントを押さえ、履歴書を送る際の封筒作成を適切に行いましょう。

縦書きと横書き

履歴書を送る際は、封筒の宛名の書き方を、縦書きと横書きから選びます。

一般的には正式な書類には、縦書きがよく使われます

横書きでも問題はありませんが、封筒の大きさや形状、企業名や部署名により選ぶべき書き方が異なります。

縦書きを選んだ場合は、宛名を右から左へ、上から下へと書きます。

横書きを選んだ場合は、左上から右下に向かって書きましょう。

読みやすさを意識して書くのが重要です。

会社名や部署名に英語やカタカナが多く使われている場合は、横書きの方がスッキリ見えますよ。

宛名の書き方と敬称の使い分け

宛名の書き方と敬称の使い分けは、履歴書の送付に非常に重要な要素です

以下のルールを守り、受け取る側へ良い印象を与えましょう。

  • 宛名は封筒の中央に大きくはっきり書く
  • 法人宛の場合は会社名の後に「御中」を使用する
  • 個人宛の場合は役職名を記載し「様」を使用する
  • 敬称は相手の立場や封筒の用途に合わせて選ぶ
  • 相手が不明の場合は「担当者様」と書く

「株式会社◯◯ 人事部 採用ご担当者様」や「株式会社◯◯ 人事部 御中」のように記載します。

非公式な文書や個人間のやり取りで「殿」を用いることもありますが、公式な場では通常避けられます。

住所の書き方と郵便番号の記載

正しい住所の書き方は、履歴書の送付において非常に重要です。

郵便番号は住所の最初に記載し「〒」マークで始め、都道府県、市区町村、町名と番地を記載します。

ビル名や建物名は、番地の後に忘れずに書き加えましょう

郵便番号は7桁で、3桁目と4桁目の間にハイフンを入れて区切ります。

丁寧に読みやすく書けば、郵便物が正確に届けられます。適切な書き方を覚えておきましょう。

文字配置と文字サイズ

履歴書を封筒に入れる際、文字配置と文字サイズは、読み手の見やすさを重視する必要があります。

適切な文字配置とサイズで、履歴書を評価する企業に対して丁寧な印象を与えましょう

以下の細部にわたる配慮で、履歴書の印象をより良いものにできます。

文字配置中心に近い位置にそろえる
宛名封筒の中央よりやや下に書く
字体楷書体か行書体を選択する
文字サイズ全体的にバランスを考慮する
宛名は14〜16ポイント程度が推奨される
郵便番号封筒の右上隅に大きめの文字で記載する
住所郵便番号より少し大きめの文字で記載する
宛名よりも小さいサイズで均等に配置する

敬称は宛名より一回り小さく、文字の太さは均一にします。

文字間の間隔を均等に空ければ、バランスの取れた配置が可能です。

履歴書を入れる封筒の裏面の書き方

履歴書を入れる封筒の裏面の書き方

履歴書を入れる封筒の裏面には、差出人の情報をしっかりと記載しましょう。

差出人の情報は全て統一感を持って記載し、履歴書を受け取る企業への印象をアップさせましょう

差出人情報の書き方

履歴書を送る際の差出人情報の記載方法が正しいと、良い印象を与えられます。

封筒の裏面左下に差出人の氏名を明記し、住所は郵便番号を含めて正確に書きます。

宛先の住所と同様の書式にすれば、整ってみえます。

会社名や部署名が必要な場合も忘れずに記載しましょう。必要なら電話番号も書き添えます。

筆記用具はインクがにじまないものを選び、読みやすい文字で書くのが重要です。

バランスよく余白を残し、整った印象を与えましょう。

もしも宛先に届かなかった場合に返送されるための情報なので、正確に書いてください。

日付の書き方

封筒へ日付を記載することは通常は不要ですが、送付日を記録するために記載することをおすすめします。

日付を記載する際は、裏面または左上に小さく記入してください。

以下のルールを守り、相手に良い印象を与えましょう。

和暦の場合元号を先に書く:(例)「令和6年5月1日」
西暦の場合年月日の順に記載する:(例)「2024年5月1日」
曜日を記載する場合日付の後に括弧で書き加える:(例)「(土)」
縦書きの場合年月日を一行に並べ、数字を大きめに書く
横書きの場合日付を右上に記載する
読みやすいようスペースを空ける

年月日を明確にし、和暦でも西暦どちらかに統一して記載してください

履歴書の正しい封筒への入れ方

履歴書の正しい封筒への入れ方

履歴書は重要書類です。

正しく封入することで書類が破損しないようにし、採用担当者に良い印象を与えることができます。

文書は折り曲げずに封入する

履歴書や応募書類を封筒に入れる際、折り曲げることは厳禁です。

折り曲げられると、企業側でコピーやスキャンをする時に、ゆがんだ状態になります。

相手に渡ったあとの見た目の美しさも考慮しましょう。

A4サイズの封筒を使用し、クリアファイルに入れた後、封筒に入れましょう。

封入する時は、クリアファイルに入れるのがポイントです

書類が綺麗に保たれ、受け取り手もスムーズに取り出せます。

封筒に入れる書類の種類

履歴書を送付する際は、書類の種類を正しく理解しましょう。

企業によって提出を求められる書類はさまざまです。

履歴書、職務経歴書以外に、資格証明書等も必要な場合がありますよ。

以下の書類を適切に準備して封入すれば、スムーズな選考が期待できます。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 作文や小論文(求人企業が要求する場合)
  • 各種資格証明書
  • 連絡先一覧
  • 推薦状や紹介状
  • 規定サイズの写真
  • その他応募先企業が指定する書類

各書類の種類と内容を正しく把握し、企業からの指定に従って準備しましょう。

封筒の閉じ方と「封」のマーク

封筒の閉じ方と「封」のマーク

封筒の閉じ方は、書類を安全に届けるために非常に重要です

封筒を正しく閉じれば、中身の保護ができます。

受け取る側に対しても丁寧な印象を与えることができます。

封筒の閉じ方

封筒の閉じ方は、書類の安全な送付にとても大切です。

以下の方法で正しく封筒を閉じれば、中身が外に漏れる心配がなくなります。

  • 封筒のふたの接着面に、のりを塗布する
  • 封筒のふたを均等に圧着させて密封する
  • 接着が不十分でないか確認し、必要に応じてセロテープなどで追加で圧着する
  • セキュリティ封筒の場合は、剥離紙を取り除き粘着面を密着する
  • 封をする際には書類が折れないよう注意する

封筒は種類により閉じ方が異なるので、適切に閉じる必要があります

封筒の閉じ方が適切かを確かめ、大切な書類を守りながら相手に届けましょう。

「封」マークの意味と書き方

「封」マークは、封筒に書類が安全に封じられていることを示すための重要なサインです

特に履歴書や公式文書を郵送する際に用いられる伝統的な慣習です。

封筒の封をした部分に記入し、封筒が一度も開封されていない様子を受け取る側に伝える役割があります。

「封」マークの種類(「封」「緘」「締」など)

「締」
「締める」という意味。スタンダードなマーク
「封」
「封じる」という意味。「締」よりかしこまった印象
「緘(かん)」
企業や公的な証書などに用いる。専用の印鑑・スタンプを使用することが多い

履歴書を入れる封筒には「封」を使うのがいいでしょう。

手書きで書く場合は、丁寧に書くよう心がけてください。市販のシールを使っても構いません。

「〆」や「✕(バツ)」を書くのは、公式文書では避けましょう。

封筒への切手の貼り方と郵便料金

封筒への切手の貼り方と郵便料金

切手の貼り方は、郵便物が適切に配達されるために重要な手順です

適切な切手の貼り方と料金の確認を行えば、郵便物を確実に目的地に送り届けられます。

切手の選び方と貼り方

切手を選ぶ際には、郵便物の種類と重さを確認しましょう。

正しく切手を貼ることにより、応募先にスムーズに配達されます

具体的な切手の選び方と貼り方は、以下のとおりです。

切手の額面選び郵便物の種類と重さを確認する
必要な料金を添付する
切手のデザイン選び目的に合ったデザインを選ぶ
特殊切手も選べる
切手の貼り位置封筒の右上角に貼る
切手の貼り方角を直角にして貼る
歪まないよう注意する
複数切手の場合隙間なく並べて貼る
はみ出さないよう注意する

郵便料金の確認方法

郵便料金は、封筒のサイズや重量によって異なります。

事前に日本郵便の公式や窓口で確認し、適切な料金の切手を貼るようにしましょう。

少しでも不安がある場合は、郵便局の窓口を利用してください。

その場で重さを測ってもらえるので、正確な料金が分かります。

まとめ:封筒を適切に書いて転職を有利に

まとめ:封筒を適切に書いて転職を有利に

履歴書を郵送する際は、いくつかの重要な手順があります

封筒の書き方は軽視されがち。

以下の手順を守れば、印象に残る応募者になれます。

  • 封筒の宛名は、縦書きもしくは横書きで丁寧に書く
  • 宛名には正しい敬称を使用し、丁寧な印象を与える
  • 住所は明確に書き、郵便番号は必ず記載する
  • 文字は中央に配置し、読みやすい大きさで書く
  • 封筒裏面には差出人情報を記入し、日付も忘れずに書く
  • 履歴書は折り曲げず、クリアファイルに入れてから、封筒に入れる

封筒の閉じ方や「封」マークの使用にも気を配り、切手は正確に選んで貼りましょう。

必要な郵便料金を事前に確認するのも大切です。

細部に注意を払い、履歴書の封筒の書き方で好印象を与えましょう

タップできる目次