目的条文マグカップ発売中!購入はこちら

転職エージェントは使わない方がいい?やめとけと言われる理由と自分で求人を探す方法

(PR)記事内にプロモーションを含みます
転職エージェントは使わない方がいい?やめとけと言われる理由と自分で求人を探す方法
  • 転職エージェントやめとけと言われる理由が知りたい
  • 転職エージェントを利用するメリットはある?
  • 転職エージェントを使わずに転職する方法を知りたい!

そんな疑問にお答えします。

転職エージェントは転職の時に頼りになる存在ですが、ネット上やSNSではネガティブな意見も多いのも事実。

今では多くの転職希望者が、転職エージェントの利用に疑問を感じています

そこでこの記事では、転職エージェント利用のメリットとデメリットを徹底的に掘り下げていきます。

結論からいうと、転職エージェントを利用しなくても転職はできます。

この記事を読めば、次のキャリアを踏み出すためのノウハウが得られます。

ぜひ転職成功までの道のりを、スムーズに進んでいきましょう。

タップできる目次

転職エージェントはやめとけと言われる理由

転職エージェントはやめとけと言われる理由

転職エージェントはやめとけと言われる理由は、以下の3つです。

上記のリスクを踏まえ、転職エージェントの利用には慎重になりましょう。

転職業界の構造的な問題

転職エージェントを利用する際には、注意すべき転職業界の構造的な問題が存在します。

  • エージェントのビジネスモデルが、求職者より企業側の利益を優先させがち
  • エージェントは企業から成功報酬を受け取るため、求職者の希望より成約を重視する
  • 求人情報の非公開性によって、求職者が市場全体を見渡せない
  • 求職者に適さない求人を勧めるケースがある
  • 短期間で成果を出そうとするエージェントのプレッシャーが負担に感じる

エージェントから紹介される求人情報が、あなたにとって最適ではない場合もあります。

特に短期間の成果を求めるエージェントだと、余計なストレスがかかるため落ち着いた行動が求められます。

ただし多くの転職エージェントは希望の求人を紹介してくれる

転職業界の構造的な問題はあれど、基本的に転職エージェントから紹介される求人を利用しましょう。

仮に転職先があなたに合わずすぐに退職した場合、転職エージェントは成果報酬の一部を企業に返金する必要があります。

エージェントにとっても、あなたに合った転職先を紹介したほうが、メリットは大きいのです。

「希望どおりの求人が紹介されない」と感じたら、まずはエージェントに希望をしっかり伝え直しましょう。

紹介された求人がなぜ合わなかったのか?をエージェントに伝えることが大事ですよ。

担当者の質にばらつきがある

担当者の質にばらつきがある

担当者によって提供されるサービスの質には、大きな差があるのが現実です。

転職エージェントを利用する転職は、個々の担当者の経験やスキル、モチベーションに大きく依存するからです。

経験豊富な担当者に出会えれば、有益な情報や適切なアドバイスを得られます。

反対に経験や知識が不足している担当者の場合、転職活動において不利益を受けるリスクが高まるのです。

担当者選びは、転職活動の成功にとって非常に重要な要素といえます。

担当者と面談するときに、相性が合うか確認しましょう。

転職者の転職市場への理解不足

転職市場について十分な理解がなければ、転職活動は上手く進みません。

多くの人は以下の情報に関する知識が不足し、自分の希望と転職エージェントのアドバイスにギャップを感じています。

  • 職種や業界の特性
  • 市場のトレンド
  • 求人の流動性
  • 給与水準
  • キャリアパス

業界や職種の深い理解がないと、自分にあった仕事を探し出すのが困難になります。

市場が求めるスキルや経験を知らなければ、適切な求人にめぐりあえません。

給与水準やキャリア形成の知識が不足していると、価値を正しくアピールし、望んだ条件で転職できません。

転職市場の理解不足は、転職活動を長引かせる原因にもなります。

転職市場のトレンドを把握し、キャリア目標にあった求人選びが重要です。

転職エージェントの利用時にもポイントを理解したうえで、適したアドバイスを提供してくれるかを見極めましょう。

転職市場の理解は転職の成功に不可欠です。よくわからない場合は、エージェントの話をまず聞いてみましょう。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

メリットデメリット
専門家の客観的な意見をもらえる
応募書類を添削してくれる
非公開求人にアクセスできる
面接対策や模擬面接
担当者の質に左右される
希望とは違う職の紹介される
時間と労力を消費する

転職エージェントを利用しなくても転職はできます。

しかしメリット・デメリットを理解しておかないと、あとで後悔することも・・・

そこでここでは、転職エージェントを利用するメリット・デメリットを解説します。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用して転職に成功した人はたくさんいます。

利用して良かった口コミのうち、代表的なものは以下の4つです。

  • 専門家の客観的な意見をもらえる
  • 応募書類の添削をしてもらえる
  • 非公開求人へアクセスできる
  • 面接対策や模擬面接の実施ができる

転職エージェントを利用する大きなメリットは、やはり応募書類の添削や面接対策などのサポート。

転職は人生で何度も経験することのないライフイベント。しかも失敗するわけにはいきません。

転職エージェントを利用して、少しでも成功確率をあげるのが何より大事でしょう。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントの利用には多くのメリットがある一方、以下のようなデメリットが存在する点も認識しておきましょう。

転職エージェントの利用が、すべての人にとって最適な選択とは限りません。

デメリットを踏まえたうえで、転職エージェントを上手に活用するための工夫をしてください。

求人紹介の質が担当者次第

転職エージェントを利用する最大のデメリットは、求人紹介の質が担当者によって大きく左右される点です。

担当者の経験や知識、理解度に依存するため、希望に沿った提案がされない可能性もあるのです。

経験豊富な担当者であれば、希望にぴったりあう良質な求人紹介が期待できます。

しかし研修が不十分な新人や経験の浅い担当者では、不適切な求人を紹介されるリスクが高まります。

担当者との相性も求人紹介の質に影響を与えるため、信頼できる担当者を見つけるのが転職成功の重要なポイントです。

担当者が合わないと思ったら、担当者変更をお願いしたり、他の転職エージェントを利用しましょう。

希望通りの職を紹介されるわけではない

転職エージェントを利用したからといって、希望通りの職が紹介されるわけではありません。エージェントが持つ限られた求人の中から選ばなければならないからです。

結果、理想とする職種や条件に完全にあう求人がない場合もあります。

転職エージェントも営利目的の企業なので、時にはキャリアプランにあわない職を紹介することもあります。

成功報酬や契約企業との関係性が、求人の選定に影響を及ぼすと認識しておきましょう。

また転職者の多くは、非公開求人が豊富にあると誤解しています。

実際には公開求人から選ばれるケースが多いのです。

経験やスキルを正確に評価されなかった結果、レベルの低い職が紹介されるリスクも存在します。

転職エージェントを利用する際は上記の事情を理解し、提供されるサービスの特性をしっかりと把握してください。

時間と労力を余計に消費する場合がある

転職エージェントの利用のメリットは、希望にあった仕事を迅速に見つけられる点です。

しかし転職活動が長期化すると、自分の時間や家族との時間が減り、ストレスが増えるリスクもあります。

担当者からの過剰な連絡により、無関係な応募手続きを進めなければいけなくなる状況も考えられます。

適切な求人が見つからない場合は、自分で求人探しが必要になるケースもあります。

転職エージェントを利用する際は自分の希望を認識し、時間管理をしっかり行いましょう。

希望にあわない求人への応募で、面接準備などに時間を浪費しないようにしましょう。

転職エージェントを利用すべき人・利用しないほうがいい人

転職エージェントを利用すべき人・利用しないほうがいい人

転職する人全員が、転職エージェントを利用する必要はありません。

ここでは、転職エージェントを利用すべき人・利用しないほうがいい人を解説します。

転職エージェントを利用すべき人

  • 転職に不安がある人
  • 転職未経験または転職回数が少ない人
  • 何から始めればいいかわからない人
  • 給与や福利厚生をダウンさせたくない人
  • そもそも転職したいのかわからない人

転職に不安や悩みがある人ほど、転職エージェントを利用しましょう。

不安を抱えたままの転職活動は、採用担当者にも伝わり不本意な結果になることが多いからです。

転職エージェントを利用すれば色々なアドバイスをうけられるので、転職経験に少しでも不安がある人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用しないほうがいい人

  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 転職したい会社が決まっている人
  • 小規模な会社(ベンチャーなど)を目指している人

転職エージェントを利用すると、仕事や私生活の合間に「履歴書・職務経歴書の作成や添削、求人への応募、模擬面接、実際の面接」などをおこなうため、時間的にハードと感じる人もいます。

ゆっくりと転職先を探したい人は、自分のペースで転職活動をしたほうがストレスがないでしょう。

また、小規模な会社は転職エージェントに登録されていないことも多く、希望の求人に出会えない可能性が高いです。

転職エージェント利用時の注意点

転職エージェント利用時の注意点

転職は将来を左右する大きな決断です。

転職エージェントを利用する際は、以下3つの注意点を押さえてください。

上記の注意点を守れば、効率的で安心な転職活動が可能になります。

トラブルを避けるためにも納得してからサービスを利用しましょう。

明確な希望を伝える

転職エージェントを利用する際には、明確な希望を伝えましょう。

希望をはっきり伝えれば、エージェントはより適切な求人を紹介しやすくなり、転職活動がスムーズに進みます。

具体的には以下の条件を、事前に考えておきましょう。

  • 業界や職種
  • 給与・福利厚生
  • 勤務地
  • 転職後のキャリヤ
  • 働きたい企業文化

詳しい情報をエージェントに提供すれば、希望に沿った求人紹介が期待できます。

複数のエージェントと比較検討する

複数のエージェントと比較検討する

最適なサポートを受けるためには、複数のエージェントで比較検討をしましょう。

転職エージェントはできれば4社、最低でも2社に登録してください。

それぞれのエージェントは独自の強みや特徴を持っているので、サービス内容の比較が必要です。

たとえば業界や職種に詳しいエージェントを選べば、専門性の高いアドバイスを受けられますよ。

エージェント選びでは初回の面談を複数設定し、担当者との相性を確認するのも大切なポイント。

相性がよければ密なコミュニケーションができ、転職活動がスムーズに進みます。

求人の量や質、追加のキャリアサポートの有無なども比較する際の重要な要素。

利用者のレビューや評判を参考すれば、信頼性のあるエージェントを見つけられます。

ぜひ自分にあったエージェントを見極めましょう。

仮にひとつだけ転職エージェントを利用するなら、がいいでしょう。

MS-Japanは30年以上、管理部門に特化した転職エージェント。

競争の激しい転職市場で業種特化で生き残れるのは、それだけ質がよい証拠。

複数の転職エージェントを利用しながら、最終的にMS-Japanで転職した人はたくさんいます。

まずは会員登録(無料)して非公開求人を確認してみましょう。

\管理部門特化型エージェントNo.1/

無理な求人の応募は断固拒否する

キャリアプランにあわない求人に応募するのは避けましょう。

転職市場には多種多様な職種・条件の求人があふれています。

将来を見すえたポジションを選ぶのが非常に大切です。

無理な求人に応募するとキャリアに悪影響を及ぼす可能性があるため、十分な注意が必要です。

求人の詳細には、仕事内容や労働条件、企業文化などが含まれます。

記載されている情報を応募前に検討し、自分にった求人かどうか見極めるのがカギとなります。

転職エージェントからの提案が適していないと感じた場合は、勇気を持って断るのも重要です。

キャリアを守るためには、プレッシャーや焦りに屈せず自己判断を信じましょう。

転職エージェントを使わずに転職する方法・コツ

転職エージェントを使わずに転職する方法・コツ

転職エージェントを利用せずに転職を成功させる方法は、複数存在します。

理想の職場を見つけるだけでなく、転職プロセスを自分のペースで進められるのも、自力で転職を行う利点の1つです。

ここでは、転職サイトを活用して自分で求人を探す以下の方法について、詳しく解説します。

上記を実践すれば、転職活動は円滑に進められるでしょう。

転職サイトを活用して自分で求人を探す

転職サイトを活用すると、条件にあった求人を手軽に探せます。

多くの転職サイトでは、希望する職種や勤務地、給与などで求人情報の絞り込みが可能です。

また、アカウント作成を行いプロフィールを充実させると、適した求人を見つけやすくなります。

チェックポイント

  • 一括応募機能を使用すれば、複数の求人への応募もスムーズに進められる
  • 気になる求人を見逃さないためにも、定期的な新着求人のチェックや保存機能を活用する

応募期限や採用プロセスに関する情報を確認し、効率的に応募計画を立てることもできます。

企業ごとの評判や口コミは、転職先を選ぶ際の重要な判断材料となります。

転職サイトを上手に使い、納得のいく転職を実現させましょう。

ネットワーキングを駆使して情報を収集する

ネットワーキングを駆使して情報を収集する

ネットワーキング(1)は、とくに転職活動において有効です。

直接的な求人情報だけでなく、業界の最新動向や非公開求人といった、普段はなかなか手に入らない貴重な情報を得る機会が増やせます。

たとえば業界関連のイベントやセミナーに参加すれば、同業の人々との出会いや知識の深化を図りつつ、求人情報を掴めます。

さらにLinkedInリンクトインやFacebookなどのSNSを活用し、業界のプロフェッショナルと繋がることができれば、直接アドバイスも受けられるでしょう。

アルムナイネットワーク(※2)や以前の同僚との連絡を取れば、新しい職を見つける際の重要な手がかりとなり得ます。非公開求人にアクセスできるケースもあります。

ミートアップ(※3)や飲み会への定期参加、オンラインフォーラム(※4)、専門家との個別セッションをとおして専門的知識の習得も可能です。

色々な交流で得た情報を取り入れて、より有利な転職活動を展開していきましょう。

※1 ネットワーキングとは、簡単にいうと異業種交流会のこと。人脈の拡大や採用の繋がりが期待できます。

※2 アルムナイネットワークとは、企業の元従業員で形成されるコミュニティのこと。再雇用の機会や情報収集の場として活用できます。

※3 ミートアップとは、情報共有や意見交換ができる場所のこと。共通のテーマに興味がある人と出会い、知識を深められます。

※4 オンラインフォーラムとは、記事を書き込んだり閲覧したりできるネット掲示板のこと。さまざまな視点や専門知識が得られ、視野を広げられます。

履歴書と職務経歴書をていねいに作成する

履歴書と職務経歴書を作成する際はそれぞれの目的を理解し、具体的でわかりやすい内容にしましょう。

履歴書
基本的な個人情報と職歴を簡潔にまとめ、自分の情報をわかりやすく伝えるのが重要
職務経歴書
これまでの経験や実績を詳細に記述し、自分の価値をアピールする

文章は、読み手が理解しやすいように構成するのが大切です。

抜け漏れがないように注意深く書き、専門用語を使う場合は説明を加えましょう。

誤字脱字や文法的な誤りの確認も、信頼性を損なわないためには欠かせません。

成果を数字で示せば実績が具体的に伝わり、強い印象を与えられます。

強みや個性が際立つように、応募する企業や業界にあわせてカスタマイズし、自己PRを設けるのも有効です。

ていねいに作成された履歴書と職務経歴書は、経歴やスキルを効果的にアピールする重要なツールです。

ぜひ時間をかけて作成しましょう。

履歴書の書き方職務経歴書の書き方は、こちらを参考にしてください。

面接対策を自分で行う

面接対策は、転職活動において非常に重要なステップです。

以下の対策で面接の準備をすれば、成功の可能性を高められるでしょう。

  • 自己紹介や強み、弱み、キャリアプランなどよくある質問の回答を準備する
  • STAR法(状況・課題・行動・結果)を使って、経験を具体的かつ効果的に説明する練習をする
  • 業界の動向をチェックし、自身の見解を持つ
  • 模擬面接を実施してフィードバックを得る

面接では、質問に具体性と正直さを持った回答が求められます。

服装やマナーも重要で、適切な振る舞いができるよう事前に準備すると安心です。

面接後にはお礼のメールを送り、よい印象が残るよう工夫をしましょう。

まとめ:転職エージェントはやめとけ!自分の力で転職できる!

まとめ:転職エージェントはやめとけ!自分の力で転職できる!

転職エージェントは、転職業界の構造的な問題や担当者の質のばらつきにより、すべての人にとって最適なサービスになるとは限りません。

希望と異なる求人を紹介されるリスクもあるので、利用時には以下の点に注意しましょう。

  • 転職の条件を明確にする
  • 複数のエージェントを比較する
  • 無理な求人への応募を避ける

エージェントを利用しない転職活動も選択肢の1つです。

求人サイトの活用やネットワーキング、自己準備による面接対策など、転職成功への別ルートもあります。

自分にあった方法で、転職活動を効果的に進めましょう。

タップできる目次