メニュー
さむらい社労士
2006年社労士合格。
実務経験・法律知識ゼロから通信講座を利用し合格しました。
合格後は多くの人に勉強方法のノウハウを伝授しています。
15年以上の経験をあなたにお伝えします。

6割以上の点数は過去問で取れる!フォーサイトの過去問題集を徹底検証

6割以上の点数は過去問で取れる!フォーサイトの過去問題集も徹底検証

社労士合格に過去問って必要なのかな?
フォーサイトの過去問題集で実力がつくのかな?

そんなあなたの疑問にお答えします。

資格試験でよくいわれる言葉があります。

「過去問を制する者は試験を制す」

この言葉は社労士試験にも当てはまります。

私は2006年に社労士試験に合格しました。

合格後は多くの方に、社労士合格のノウハウを教えてきました。

15年以上の経験から、過去問の重要性は痛いほどよく分かっています。

そこでこの記事では、

  • 社労士試験での過去問の重要性
  • フォーサイトの過去問の内容

を書いていきます。

この記事を読めば、「合格には過去問が不可欠なこと」、「フォーサイトで効率的に勉強できること」が分かります。

\ 超機能的な過去問題集! /

目次

社労士試験での過去問の重要性

社労士試験での過去問の重要性

結論から言うと、

過去問が解けない人は社労士試験に合格できません。

合格した人ほぼ全員、過去問を繰り返し解くことで合格への実力をつけています。

そもそも過去問は一度でも本試験に出た問題です。
今まで一度も出たことがない予想問題よりも、まずは過去問題を解けるようになりましょう。

過去問の重要性をもう少し詳しく見ていきます

過去問で自分の実力が分かる

過去問を解くことの重要性の一つは、あなたの今の実力が分かることです。

過去問は本試験で出題されたことがある問題です。

そのため、過去問が解けなかったら、その問題が出題された年の試験には合格できません。

あなたが目標とする年の試験に合格するために、まずは過去の試験に合格する実力をつけましょう。

過去問を解けることが、合格へのスタートラインですね!

本番の試験は過去問から出る

本番の試験は過去問から出る

あなたが試験問題を作る立場になったと想像してください。

  • まずは過去にどのような問題が出たか調べませんか?
  • そしてその問題を少しアレンジして試験問題を作りませんか?

社労士試験の問題を作る人も同じ考えです。
本番の試験は過去問をリライトして出題されることがとても多いのです。

つまり過去問を解くことは、本番の試験を解けるようになることと同じなのです。

予想問題よりもまずは過去問を解くことが大事ですね!

過去問が解けるようになれば、本試験でも最低6割以上の点数はとれます。
それだけ社労士試験では過去問は大事なのです。

次からはフォーサイトの過去問題集について見ていきます

フォーサイトの過去問なら効率的な勉強ができる

フォーサイトの過去問なら効率的な勉強ができる

過去問の重要性がわかった上で、次はフォーサイトの過去問題集の特徴を見ていきます。

フォーサイトの過去問題集の特徴

  • テキストと過去問題集が密接にリンク
  • 問題と解説が見開きになっている
  • 問題の難易度が載っている

\フォーサイトの過去問題集は超機能的!/

順番に見ていきましょう

テキストと過去問題集が密接にリンクしている

社労士の勉強のスタートは、テキストを読んでインプットすることです。

そしてインプットした内容を、過去問を解いてアウトプットすることが重要です。

フォーサイトの過去問題集はテキストで学ぶ順に並べ替えられています。

そのため、インプット→アウトプットがとても効率的にできます。

一方、市販の過去問題集は試験で出た順に並んでいます。
テキスト全部を読んだ後でしかアウトプットができないので、とても効率が悪いです。

フォーサイトの問題集

→テキストの順に問題を掲載

他社や市販の問題集

→本試験で出た順のまま問題を掲載

テキストを読んですぐに問題を解けるのがいいですね!

問題と解説が見開きになっている

問題と解説が見開きになっている

フォーサイトの過去問題集は見開きになっていて、左側に問題・右側に解説が載っています。

問題を解いてすぐに答え合わせができるので、とても効率的です。

市販の問題集のように、
本の後ろにまとめて解説が載っている…
ということが無いので、とても効率的に学習ができます。

さらにすごいのが、解説にテキストの該当ページが載っていることです。

解説にテキストの該当ページが載っている

①テキストでインプット
②過去問題集でアウトプット
③テキストに戻ってもう一度確認
というサイクルが効率的にできます。

過去問を解いたらすぐにテキストを確認できるので、とても時短ですね!

問題の難易度が分かる

社労士試験に合格するには、簡単な問題を必ず正解することです。

逆に難しい問題は解けなくても大丈夫です。

簡単な問題
→みんなが正解する。間違えたら自分だけ点数がさがる。

難しい問題
→みんなが間違える。間違えても点数に差がつかない。

そのことを分かっているフォーサイトは、すべての問題に難易度を表示しています。

すべての問題に難易度を表示

必ず得点しなければならない問題を重点的に学習できるので、合格に必要な得点力がアップします。

勉強を進める上での目安になりますね!

まとめ:フォーサイトの過去問題集で合格に近づこう

まとめ:フォーサイトの過去問題集で合格に近づこう

社労士試験での過去問の重要性と、フォーサイトの過去問題集の特徴を書いてきました。

過去問の重要性

  • 過去問で今のあなたの実力が分かる
  • 本試験は過去問から出る

フォーサイトの過去問題集の特徴

  • テキストと過去問題集が密接にリンク
  • 問題と解説が見開きになっている
  • 問題の難易度が載っている

フォーサイトの過去問を最大限利用し、
インプット(テキスト)→アウトプット(過去問)
というサイクルを繰り返していきましょう。

そうすればあなたは間違いなく合格に近づきます。

もちろんライバルはすでに社労士試験に向けて勉強しています。

そして早く勉強を始めた人ほど合格に有利です。

あなたも少しでも早く勉強を開始して、合格に近づきましょう。

あなたの社労士合格を応援しています!

\ 超機能的な過去問題集! /

目次