目的条文マグカップ発売中!購入はこちら

転職エージェントのメリット・デメリット:失敗しない活用方法と注意点を解説

(PR)記事内にプロモーションを含みます
転職エージェントのメリットデメリット:失敗しない活用方法と注意点を徹底解説

大きな決断を迫られる転職活動は、自力で進めるには不安がつきものです。

そんなとき転職エージェントは、不安をやわらげ二人三脚で転職活動をサポートしてくれます。

しかし転職エージェントにも見逃せないデメリットがあります。

そこでこの記事では、転職エージェントのメリット・デメリットと失敗しない活用方法を解説します

あらかじめデメリットを知っておけば、転職エージェントを利用していても慌てることはなくなります。

転職エージェントを最大限活用し、転職活動を成功させましょう。

この記事の執筆者

さむらい社労士

2006年に社労士合格。

合格後は、複数社で人事・総務を経験。

X(Twitter)では300名以上の社労士受験生に対して無料相談を実施。

プロフィール詳細You TubeX(Twitter)

社労士証票・試験合格証

当サイトで一番のおすすめは

MS-Japanは30年以上、管理部門・士業に特化した転職エージェント。

転職エージェントの中でもMS-Japanなら間違いありません。

\無料登録で非公開求人も見れる/

競争の激しい転職業界で職種特化で生き残れるのは、それだけ優れたエージェントである証。

非公開求人が90%を占めているので、まずは会員登録(無料)して非公開求人を確認してみましょう。

\管理部門特化型エージェントNo.1/

タップできる目次

転職エージェントのメリット6選

転職エージェントのメリット6選

転職エージェントのメリットは、以下の充実したサポートです。

履歴書・職務経歴書の添削

応募書類の添削サービスは、転職エージェントの大きなメリットです。

履歴書や職務経歴書をブラッシュアップし、書類選考を通過しましょう。

具体的には、以下のサービスが受けられます。

  • 履歴書や職務経歴書の改善点の指摘
  • フォーマットや内容のアドバイス
  • 採用担当者の注意を引く書類作成の方法
  • 効果的な自己PRの書き方

書類作成に自信がない方や、何度か書類選考で落ちてしまった方にとって心強いサービスと言えるでしょう。

>>履歴書の書き方完全版

>>職務経歴書の書き方を徹底解説

専門家による個別のキャリアアドバイス

プロのキャリアアドバイザーは、あなたの強みや改善点を客観的に評価してくれます

自己分析や市場価値の把握に役立ちます。

具体的なアドバイス内容は以下のとおりです。

  • 将来的なキャリアパスの計画と戦略
  • 業界の動向や求人市場の現状を踏まえたアドバイス
  • 職務経歴の強みと弱みの分析
  • 具体的な行動計画の作成
  • 目標設定と達成に向けたガイダンス
  • 昇進やキャリアチェンジに必要な資格やスキルアップの助言
  • ネットワーキングの機会や業界イベントの紹介
  • 人脈構築やメンター獲得のお手伝い

転職自体がゴールではなく、今後のキャリア形成こそが本当のゴール。

キャリアアドバイザーからのアドバイスにより、長期視点でのキャリア形成ができ、転職後の昇進やスキルアップにつながります。

非公開求人へアクセスできる

非公開求人へアクセスできる

転職エージェントの求人の80%は非公開求人。

非公開求人は一般に公開されていないため、競合が少なく採用確率が高いです。

通常の求人と比較して高い給与や優れた労働条件なことも多いです。

転職エージェントを利用すると非公開求人へアクセスできるで、転職の確率を上げることができます

企業が採用する人を厳選したい場合などに、非公開求人にしているケースがあります。

参考情報

当サイトで一番おすすめの非公開求人が90%以上

非公開求人は無料登録し、キャリアアドバイザーと面談すれば紹介を受けられます。

管理部門・士業に特化して30年以上の職エージェント

非公開求人が90%を占めているので、まずは会員登録(無料)して非公開求人を確認してみましょう。

\管理部門特化型エージェントNo.1/

面接対策で内定の確率が上がる

面接対策は実際に近い環境を再現し、本番と同じ緊張感の中で練習できます。

転職エージェントは「面接でよく聞かれる質問」のデータを持っているので、企業ごとにどのような質問がされるのかも把握しています。

仮に不採用になった場合でも、面接内容のフィードバックを受けられるので、次に向けた対策もできます。

面接対策を通じて、自分の弱点や改善点を理解していきましょう。

面接日の調整、配属や給与交渉の代行

面接日の調整、配属や給与交渉の代行

転職活動では、面接日や入社日のスケジュール調整、給与などの交渉が必要です。

しかし企業と直接やり取りするのは、手間がかかりストレスにもなるので、交渉代行のサービスは非常に役立ちます。

具体的には、以下のことを調整・代行してくれます。

  • 応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 選考の同意・断りの連絡
  • 配属先や給与の調整
  • 入社日の調整

特に給与交渉は専門的な知識が必要で、適正給与を判断するのは難しいもの。

転職エージェントは市場価値や業界平均を把握しており、企業との交渉を代行してくれます。

自分の市場価値に見合った、またはそれ以上の条件を引き出すことも可能です。

複数企業との面接日程の調整も労力がかかるので、転職エージェントが代行すれば、面接準備にも集中できるでしょう。

代行サービスがあるので、仕事しながらでもスムーズに転職活動できますよ。

これらのサポートがすべて無料で利用できる

転職エージェントのサポートは、すべて無料で利用できます。

  • 職業安定法により、求職者から利用料を取ってはいけないと決められているから
  • 転職エージェントは、企業側から人材採用の成果報酬として費用を受け取るから

法律で定められている以上、求職者から利用料を取ることはできません。

有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

職業安定法第32条の3

ビジネスモデルの面からも、転職エージェントは企業側からの紹介料で成り立っています。

紹介料は転職者の年収の30%~35% 。

しかし半年以内の退職だと紹介料を返金しなければならないため、転職エージェントも積極的に支援をしてくれるのです。

キャリアアドバイザーとの面談や、企業への面接のための交通費は自己負担ですよ。

転職エージェントのデメリット6つと対処方法

転職エージェントのデメリット6つと対処方法

ここでは転職エージェントのデメリットと対処法を解説していきます。

転職エージェントの利用には、デメリットも見逃さないようにしましょう。

エージェントの営利目的でのアドバイス

転職エージェントのビジネスモデルは、成功報酬型です。

目標達成のために、以下の偏った求人を紹介されるケースがあります。

  • 年収が高い求人ばかり紹介される
  • すぐに内定が出そうな求人を紹介される
  • 提携企業の求人を優先する

少なからず適さない求人が勧められるリスクも、頭に入れておきましょう。

対処方法

もちろんエージェントも、いかにもムリそうな求人を紹介することはありません。

しかし転職エージェントの意見を丸のみせず、慎重に判断することが重要です。

求人が偏っていたり選択肢が少ないことがある

求人が偏っていたり選択肢が少ないことがある

転職エージェントは、特定の業界や職種に強い傾向があります。

担当するキャリアアドバイザーよって得意・不得意もあります。

  • 幅広い選択肢が欲しい
  • 異業種や異地域への転職を考えている
  • 中小企業やスタートアップのチャンスに触れたい

このような場合は、情報量が物足りないかもしれません。

対処方法

求人情報が大企業や人気業界に集中していたり、提携企業の求人のみを紹介されることがあります。

ひとつのエージェントだけではなく、複数のエージェントに登録して多くの選択肢を持ちましょう

なお、当サイトおすすめの転職エージェントは以下の4社です

迷ったらこの4社に登録すれば失敗しません。

スクロールできます
タイプエージェント名特徴
総合型リクルートエージェント国内最大のエージェント
求人数は業界No.1
doda(デューダ)リクルートと並ぶ大手
求人数は20万人超
専門型MS-Japan 士業・管理部門に特化
非公開求人が90%
ヒュープロ 士業・管理部門に特化
会計事務所に強い

担当者との相性が合わない

担当するキャリアアドバイザーと相性が悪いと、転職活動に悪い影響をおよぼします。

特に、コミュニケーションスタイルの違いは意識しましょう。

例えば、在職中なのに日中に電話を何回もしてくる担当者もいます。

  • 積極的に求人紹介をしたい担当者
    • よい求人情報はすぐに紹介
    • 時間を問わず電話で連絡
  • 慎重に求人を選びたい転職希望者
    • まずはじっくり求人を見たい
    • なるべくメールで連絡が欲しい

コミュニケーションスタイルが異なると、お互いに大きなストレスにもなります。

ニーズを十分に理解されていない場合も、満足なサポートを受けられません。

始めのキャリアアドバイザーとの面談を通じて、相性が合うか確認しましょう。

対処方法

担当者との相性が悪いなら、エージェントの変更を申し出ましょう。

変更の申し出をする際は「なぜ変更したいのか」を伝えることも重要です。

転職活動のペースが合わない

キャリアアドバイザーとペースがうまく合わないと、精神的な負担を感じます。

仕事・家庭と両立しながらの転職活動は、なかなか大変です。

応募書類の作成や面接対策に、十分な時間が取れないことも・・・

そんな時でも担当者から定期的に、応募企業や面接日程の連絡が来ます。

うまく進められないことがプレッシャーになり、ストレスに感じる場合もあるでしょう。

対処方法

担当者とコミュニケーションを密にし、自分のペースを優先することが大切。

調整が必要な場合は、積極的に意見を伝えましょう。

過剰に求人を紹介される

過剰に求人を紹介される

転職エージェントを利用すると、たくさんの求人を紹介されることがあります。

選択肢が多すぎ、どれを選べばいいのか迷うこともあるでしょう。

興味がない求人を受け取り続けることもあります。

転職エージェントを利用することで、かえって時間が無駄になる恐れもあるため注意が必要です。

対処方法

希望する順位を決めておかないと、いざという時に迷ってしまうことがあります。

キャリアアドバイザーと面談をし、自分の希望をハッキリと伝えましょう。

質の低い転職エージェントもある

全国には3万前後の転職エージェントがあります。

しかし零細企業や特定の企業だけ紹介するエージェントも存在し、質はバラバラ。

転職エージェントを選ぶ際は、利用者の口コミや評判を確認しましょう。

対処方法

利用者の口コミや評判を確認して、転職エージェントを選ぶ。

口コミや評判は、公式HP以外からも確認すると平等な評価を得られます。

>>転職エージェントの選び方

社労士サポートchでは、おすすめ転職エージェントの口コミ・評判を独自に調査しています。

随時掲載しているので、転職経験者のリアルな声を確認してください。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際には、以下の注意点があります。

  • 複数のエージェントを利用する
  • キャリアや転職の目的をはっきりさせる
  • フィードバックを積極的に活用する
  • プライバシーの管理に注意する

複数のエージェントを利用して情報を比較し、より自分に合った求人を見つけましょう

自分のキャリアや転職の目的をはっきりさせ、明確に伝えることも大切。より適切な求人の提案を受けられます。

何より転職エージェントは転職のプロ。

フィードバックを積極的に受け入れ、次に活かしましょう。

複数のエージェントを利用する

複数のエージェントを利用する

複数の転職エージェントを利用することで、より幅広い求人情報へアクセスできます。

異なるエージェントが持つ特徴や強みを活かしましょう。

複数に登録することで、自分の市場価値をより正確に把握でき、転職先の選択肢が増加します。

複数のエージェント間での競争が、紹介する求人の質を向上させる可能性もあります。

ただし、複数のエージェントを同時に利用する場合は、情報の整理と管理が大切。

同一の求人への重複応募を避けるために、応募履歴をエージェントと共有してください。

面倒でも担当者とのコミュニケーションを取ることが重要ですよ。

なお、当サイトおすすめの転職エージェントは以下の4社です

迷ったらこの4社に登録すれば失敗しません。

スクロールできます
タイプエージェント名特徴
総合型リクルートエージェント国内最大のエージェント
求人数は業界No.1
doda(デューダ)リクルートと並ぶ大手
求人数は20万人超
専門型MS-Japan 士業・管理部門に特化
非公開求人が90%
ヒュープロ 士業・管理部門に特化
会計事務所に強い

キャリアや転職の目的をはっきりさせる

自身のキャリアプランを明確にしていなければ、適切なサポートを受けられません。

しかし中には「キャリアプランなんて分からない」という人もいるでしょう。

だからこそ、キャリアアドバイザーと面談をしっかり行いましょう。

キャリアアドバイザーとの面談を通じて、以下のことを明確にできます。

  • 現在の職業やスキルから分かる市場価値
  • 中期的・長期的な目標
  • 必要なスキルや資格
  • 市場の需要
  • 自分自身のブランド
  • 実現可能なキャリアプラン

キャリアや転職に対する目的が分からない場合は、キャリアアドバイザーとの面談で転職の目的をはっきりさせましょう。

自分に合った求人を紹介されるようになり、転職を成功させることができます。

転職活動を通じて自分のキャリアプランも分かってきます。

フィードバックを積極的に活用する

フィードバックを積極的に活用する

フィードバックを積極的に活用し、転職活動をより成功に近づけましょう。

定期的な面談では経験や感想を共有し、フィードバックを次回に活かすことが大切です。

さらにフィードバックやアドバイスを、キャリアプランに反映させましょう。

自己の強みや改善点を探り出せば、履歴書や職務経歴書もより魅力的にブラッシュアップできます。

不明点や疑問点は担当のキャリアアドバイザーに積極的に質問し、解消してくださいね。

プライバシーの管理に注意する

転職エージェントはあなたの個人情報を多くあつかいます。

個人情報をしっかり管理できる転職エージェントを選ぶほうが安心です。

判断指標のひとつが「プライバシーマーク(Pマーク)」。

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(通称JIPDEC)が認定を行っており、個人情報の適切な取り扱いを行っている企業に付与しています。

取得費用も更新費用も費用がかかり(30万円~100万円)、手続きもとても手間がかかります。

逆に言えば、Pマークを取得している企業は、個人情報の取り扱いはしっかりしていると考えてよいでしょう。

「Pマーク」があるほうが、利用する側は安心感がありますよね。

メリット・デメリットをふまえて転職エージェントをおすすめする人

メリット・デメリットをふまえて転職エージェントをおすすめする人

転職エージェントのメリット・デメリットが分かった上で、利用をおすすめするのは以下の人です。

  • 転職に慣れていない人
  • サポートが欲しい人
  • ブラック企業を避けたい人
  • そもそも転職すべきか分からない人

転職エージェントの大きなメリットは、手厚いサポートを受けられる点。

「転職に慣れていない」「時間が取れない」という人は、転職エージェントを利用するのがベストです。

実際に転職した人のデータも持っているので、転職してもすぐに辞める人が多い「ブラック企業」も避けやすいです。

転職エージェントの利用は、転職成功の確率を上げられます。

そもそも自分が転職すべきか分からない人は、キャリアアドバイザーとの面談を通じて、自分のキャリアプランを考えてみましょう。

まとめ:転職エージェントの活用は、転職への近道

転職エージェントのメリットは以下のとおりです。

  1. 履歴書・職務経歴書の添削
  2. 専門家による個別のキャリアアドバイス
  3. 非公開求人へアクセスできる
  4. 面接対策で内定の確率が上がる
  5. 面接日の調整、配属や給与交渉の代行
  6. これらのサポートがすべて無料で利用できる

一方で転職エージェントには以下のデメリットも存在します。

  1. エージェントの営業目的でのアドバイス
  2. 求人が偏っていたり選択肢が少ないことがある
  3. 担当者との相性が合わない
  4. 転職活動のペースが合わない
  5. 過剰に求人を紹介される
  6. 質の低い転職エージェントもある

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントを比較検討することが重要です。

キャリアアドバイザーとの面談を通じて、キャリアプランを明確にし、フィードバックを活用しましょう。

メリットとデメリットを分かった上で転職エージェントを利用し、転職を成功させましょう。

タップできる目次